ビフィダス牧場

サークルyogurt、ビフィダスの活動報告場です

4月30日、東京ビッグサイトにて開催されたCOMIC1☆13、無事終わりました。
参加された皆様、お疲れ様でした、そしてありがとうございます。
当スペースにお越し下さいました皆様、ご挨拶頂きました皆様、ありがとうございます!
差し入れ頂きました皆様、ありがとうございます!

コミ1の新刊「不倫托卵温泉」は下記書店様にて委託しております。
001
とらhttp://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/62/62/040030626232.html
メロンhttps://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=357547
COMICZINhttp://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=36602
ブックメイトhttps://bookmate-net.com/ec/2616
DMM(電子配信版)https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_126240/
宜しくお願い致します!感想きかせてね!

イベントが終わり打ち上げが終わり、疲労感が激しいのですが心の整理もしておきたいので、
以下、脳裏にあることや生じたことを部分的に、順不同、思いつきのままに述べておきます。
・愛用していた帽子を無くした 打ち上げをした秋葉原で落としたのかビッグサイトの帰りがけで落としたのか分かりませんが、いずれ回収しに行きます。
・一撃で心のおつぃんぽが勃起するポスター・表紙・タイトル というものがあることを、イベントの度に再確認させられます。が、個人的見解で、最も目を引く要素というのは「見たことがある」だと感じました。very示唆的。
・まぶしいものほど魅力あるもの 俺は心の狭いマンなので魅力あるものに対して目を背けるのを常とするのですが、いい加減そういう態度ではいられなくなったと痛感したイベントでもありました。
・お酒の効能 打ち上げの後、一人で帰る時というのは大体ものすごい孤独感と無能感と陰鬱感に苛まれて(イベント後鬱という奴だ。これが、自分の力量や交友関係に対する不安や失望から来るのか、只の脳疲労から来るのか、前者と後者が手を取り合って精神を痛めつけているのかは分からない)、それを紛らわす為に反射的にウルビアマンに入りビールを飲んだのですが、もうお酒では陰鬱が晴れないということは自分の中で分かりきってしまっていて、しかもおなかの満腹感をごまかして暴食できない歳になっているのでポテトフライも頼めず、結局陰鬱を抱えたまま店を出て歩くことになりました。
”酒に逃げるというのは精神の一時的な自殺”という仮説を立てています。人生に諦めをつけることで人は少し楽になり、その諦めの一つの形が「脳味噌をアルコールでかきまわして誤魔化す」という飲酒行為で、その同一線上に、死への欲求みたいなものがある気がする。
近頃、酒を飲んでもどうにもならないことが本当に自覚できてしまった。
酒は愉快なときに愉快に飲むのが一番いいですね。前の6EYESのライブのお酒は最高のお酒でした。
・神秘の効能 陰鬱が晴れないので読みかけていたミヒャエル・エンデ『自由の牢獄』の続きを読んだ。
自由の牢獄 (岩波現代文庫)
ミヒャエル エンデ
岩波書店
2007-09-14

酒に酔った頭でこれを読んだのは大失敗だった。
最後の短編「道しるべの伝説」、これは現実世界に疎外感を感じている男が神秘による救済と神秘世界への帰郷を求める話なのだが、
そこで描かれている主人公の、死に際での神秘的救済の瞬間が、酒に酔った私の目には、現実世界に適合できず孤独を抱えながら死んだ老人の妄想、のようにうつってしまったのだ。
神秘の救済なんて無いのかもしれない。これは嫌な帰結だった。(「道しるべの伝説」という話自体があんま良く出来てない話だったのだ、という気もするから、この結論もあんま強固なものじゃあないのだけど。上述書に収録された「遠い旅路の目的地」はものすごくよく出来ていて、すごい話だ。神秘は人に、望むものを与えて、しかも帳尻を合わせないというのがいい。)そんな訳で全然晴れ晴れとしなかった。
・エンデの神秘概念 漱石のユーモア概念 緑黄色野菜マンのナンセンス概念 ダイハードテイルズのパルプ概念
人間を真に救済するものは何なのだろう、と考えていて、上の四つの命題がグルグル頭の中を廻っていた。文学とは…
・性交渉
したい。というか、話を聞いてくれて共感してくれるwoman is 欲しい。

ビフィダスです。
今年の上四半期を終え、単行本作業に向けて通常原稿の締切サイクルが一旦ストップし、今若干の余裕が生じているので、これを機にこの上四半期を振り返っておきます。

去年の年末から4月半ばまで、ぞっとするほど原稿の山で、
息抜きイラストや年賀イラストを描く間もなく、
それどころか告知以外のブログ記事を書く間もなく働いてしまいました。
振り返ると…
1月冒頭 失楽天用ネーム諸修正(「タイムカプセル」ね 18P)。1月末締切、1月半ば提出、1月26までチェックバック修正。
1月半ば エンジェル倶楽部カラー表紙と20P本文原稿(「ママ教えてあげる」ね)。2月10日締切、2月7日提出(私は正規締切の半月前くらいに原稿を提出するのを常としているので、ここまで締切が押してしまったことがかなり稀)
2月頭 札幌雪まつりにおでかけ。2泊3日。
2月上旬より DMM用同人プロット開始(「不倫托卵温泉」ね 32P+表紙カラー)、3月5日完成、諸修正の後3月下旬発売開始。
2月上旬より 同時進行で失楽天新作プロット16P。(「耳たぶスイッチ」ね)、3月末締切、3月18日提出、3月20日チェックバック修正。
3月半ば 確定申告。私は一人でやった。
3月20日~ エンジェル倶楽部新作20P(「陽だまりの兄嫁」ね)、4月10日締切、4月8日提出(締切がここまでカツカツになったことはない)。
4月上旬~ コミック1に向けて「不倫托卵温泉」4P加筆と印刷用原稿作成。4月10日入稿。comic1、4月30日、「の51b」でお待ちしてます!
4月中旬まで とらのあなでの抱き枕/色紙等イラスト作成。

まあ兎に角働きました。
私はアシスタントさんとかを頼まず一人でやっているのですが、割と現体制ではこの作業量が限界値かもしれんと考えています。上限が見えた。

そして、働いた結果何が生じたのか、これもとりあえず書き残しておきます。
1、ワーカーホリック。締切をこなしていくことが人生の目標のようになり、自分で設定したスケジュール通りに仕事を進めることに生きがいを覚えるようになる。作家の展望とかいったことを考えるヒマがなく、幸福観・人生観が目の前に吊り下げられたニンジンを見つめる馬のように視野狭窄になる。
2、家庭への寄与やコミュニケーションの減少。家族や妻とあまり話さなくなり、家事や料理も減り、家族と遊ぶことも減る。
3、思考時間の総体的減少。考えて悩んでクヨクヨする時間が減少する、ないしアイデアを出すことの締切に余裕が無くなるので考え事がストレスになる。
4、運動不足。昔は夕方に秋葉原の書店の様子を見に行くといったことをしていたのですが、それを断つことで作業効率が爆上げ、その代わり運動不足に。
5、新刊エロ漫画をなかなか買いにいけない。新作を流しそうめんのように気軽に読めるkomifloがクッソ便利と知る。が、「誰かの作品集をまるごと手にする経験が減った」ことに、なんとない質的な悪影響も感じている。
、新しい刺激を得る機会が減る。インプットの減少。今はまだ自分の中に溜まったもので作品を作れますけどね。不倫モノが増えるのは仕方ないね。でもインプットの減少は後々で響く予感がするのでいい加減断ち切ります。小説を読まなくなっているのがとっても辛い、ダイハードテイルズの更新が命綱。

そして今、私は二冊目の単行本に向けて作業をしているのですが、敢えてスケジュールをゆるく設定して、締切や作業に追われない時間を作っています。
そうすると、まあ、作業をしていない罪悪感が強い!
トゥイッターのタイムラインに流れるイラストやコミ1進捗画像を見るとそれだけで焦る。
自分が怠惰で無能な気がしてくる。
世界に置いていかれるような恐怖感に飲み込まれる。
とはいっても、慌ててイラストを描ける訳でもない。ヘンに功を焦る結果、下書きもままならない。
うーん、こりゃいかん…のですが、
これはワーカーホリック状態に入って脳のサイクルが変容した人間に特有のある種の副作用、宇宙飛行士が地上に降りた後重力が重くてしんどくなるのと似たような現象だと思って、あんま焦らず放っておくことにしました。

で、じゃあ今後の方針は。
1、アシスタントさんを組み込む。問題はこれが僕にとってとっても難しいということなのですが、やってみるにこしたことはないなあ。(今早速知人に打診してみました)
2、商業原稿スケジュールの管理。頼まれたら無理して引き受けちゃう判断をよす
3、よみずいランドいく。
こんなところで一旦いこうと思います。

あと、折角なので追記を。

★漫画家としての収入について。
3月に確定申告をした折、自分の収益が一体どの作業に由来しているのかをチェクしてみました。
結構身につまされるものを感じました。
自分の人生の目的というのと照らし合わせる時、労働&お金の概念というのは
1・継続的に、創造的に創作し、自作品を発表できる機会を確保すること つまり雑誌への定期掲載
2・糊口を凌ぐこと
3・妻とか世間体とかに対して威張れる程度の収入を出して、それなりに胸を張って生きれるようになること
4・好きな創造・製作を出来る時間的・金銭的余裕を持つこと つまり雑誌以外での作品発表
大体こんな感じになると思うのですが、
1に注力しすぎ、結果として4を失っている状態になっている感じです。
というか、1と4はバーターです。定期的な仕事をすれば余暇のプロジェクトに割ける時間は減りますものね。
ただ、人生の時間は有限なので、これからの指針を考えないといけません。
なので、今年はゲーム作ります。4月30日のcomic1にて、それに関する方針等ふくめた折本を出します。今晩からつくらなきゃ。

★オリジナル同人DL販売について。
今回作ってみた同人「不倫托卵温泉」。
https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_126240/
これを売り始めた時は、売れ行きが気になりすぎて2,3日は全く仕事が手につきませんでした。気づけば無意識にサークルページを確認しているという有様で、その時抱えていた作業の進捗が想定の最低ラインにまで落ち込みました。
困った副作用でしたが、それはあくまで慣れの問題で、いずれは解消されることでしょう。
この作品の外部広告、自分で観測する限りあんま無かったのですが、まあ最初の一作なので余り気にしないことにします。
スマホで読みやすいような作品を作るということを考えましたが、それが吉と出たか凶と出たかはまだ判然としません。
この作品、温泉モノとして様々なヒロインでシリーズ化していきたいので、またちまちま描いていくと思います!

エロ描く方のビフィダスがエンジェル倶楽部6月号(4月28日発売)でマンガを掲載させて頂くことになりました。
「陽だまりの兄嫁」。
結婚して家を出たけどうまくいかない主人公。
実家に戻ると兄嫁がいつも笑顔で話を聞いてくれるのです。
tirasi1
tirasi2
結婚したのにパートナーに不満があるって人は
しみじみ読んであげてね。
s1n
s3
s2
単行本、準備中です!!

エロ描く方のビフィダスが失楽天5月号(4月17日発売)でマンガを掲載させて頂くことになりました。
ガキみたいな幼なじみ、サナちゃんとの甘酸っぱいお話だよ。
タイトルは「耳たぶスイッチ」。なにがどうスイッチなのでしょう。
チラシ
s1
s2

ご感想お待ちしております!
公式HPの方でもwebアンケート投稿とかできるよ!
komifloのほうでも、作品にいいね!とコメントとか寄せることができたりするから、そっちもよろしくおねがいします!

こんにちは、サークルYogurtのビフィダスです。
この度、DMMさんにで電子配信用オリジナル卑猥同人漫画を描かせて頂きました。
001
『不倫托卵温泉 榊妙子さんの非日常』
DMMの販売サイトはこちら!→https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_126240/
チラシ1
チラシ2
温泉宿で女の子と知り合えたら素敵ですよね。
ましてや一緒にお酒とか飲めたらスゴイ素敵ですし、
相手がなんか冒険する気マンマンのくせに言い出せないタイプの子だったりすると
興奮するなあ、という作品にございます。
DMM専売作品です!よろしくね!
(スマッホでも読めるようにちょっとあれこれ考えてある作品なので、
スマッホでの読み心地など、ご意見頂戴できれば幸いです!)
==













事の顛末。
昨年の晩秋、DMMさんにて作品出してる作家さんを集めてピザとか食べるパーティーというのが開かれて、僕も知り合いの作家先生と一緒に見聞広める為に参加させて頂いたのですが、
そこでDMMの方とお話していて、
私「あ、じゃあオリジナルで作品描かせていただいていいですか」
DMMの方「是非!」
私「ありがとうございます、今多忙ですので来年の2月あたりで作業に着手できると思います」
DMMの方「承知しました、お待ちしております」
というやりとりがあって、描きました。
あと、電子エロ同人を買ってスマッホに落として読んでみたら、存外使い勝手が良かったので、
「なんかスマッホ向けの漫画ってどういう仕組みなんだろう、紙媒体とはあれこれ勝手が違うに違いない、読み心地とか」とか思って、
がんばってみたくなったのでがんばりました。

↑このページのトップヘ