ビフィダス牧場

サークルyogurt、ビフィダスの活動報告場です

エロ描く方のビフィダスがエンジェル倶楽部9月号(7月30日発売)でマンガを掲載させて頂くことになりました。
タイトルは「松原さんと温泉で」 。 
商店街の古物屋で、古物に囲まれてメガネ巨乳の女の子が店番をしている。
そんな子が温泉旅行についてきたというお話。
チラシ11
チラシ12

温泉。浴衣。黒髪メガネですね。
松原さんとどういうことになるのか。松原さんはどうなってしまうのか。
ご感想、アンケート等頂戴できれば幸いです。よろしくお願いいたします。
sanpuru


 

8月12・13・14と東京ビッグサイトで開催される
コミックマーケット90での、当サークルyogurt新刊その1の告知です。
3日目()、東テ49bでお待ちしております。
売り子さんが鹿島さんだー!ヤッター!
hyousi11bnews
タイトルは『露出にハマった鹿島と鳳翔』
出番が無い真面目さんである鹿島と鳳翔さんが、
何を間違えてか露出趣味やエロ配信にどハマリしてしまい・・・というお話です。
チラシ1
チラシ2
チラシ3
下記書店にて委託もお願いしております。
メロンブックス様 https://goo.gl/0LRSNm 
とらのあな様 http://goo.gl/PR455z
(とらのあな様の特典の大判ファイバータオルつきのはこちらhttp://goo.gl/X9jpOh
サンプルページもあります。

よろしくおねがいします!

~備忘録~

1、今回はプロット以前の構想段階がとにかく難産大学アメリカ民謡研究部だった。自分が本を出す動機やらの意志決定に時間がかかってしまったのだ。
だが、試行錯誤の結果として、自分の心に無理の無い、描きたい作品が描けた気がする。

2、表紙に関しては、鹿島と鳳翔さんが出ているものを線画まで描いたのだが、
「人物が小さい気がしてパワーが落ちている気がする」という恐怖感に駆られて、
表紙は鹿島に絞った。
表紙を一人に絞ったことには、画面の訴求力という問題の他にも理由があって、
「表紙に、定番でない組み合わせの二人の人物が出ていると、書店店頭で配置しづらくなる」という懸念があったのだ。

3、以前、全裸パンツなしに下半身網タイツだけの女性の姿を見て以来、それが頭に焼き付いて離れなくて困っていて、その欲求を鳳翔さんに託した。

エロ描く方のビフィダスがエンジェル倶楽部8月号(6月30日発売)でマンガを掲載させて頂くことになりました。
タイトルは「ゆり姉との主従関係」 。 
近親おねショタだよ!でもそれだけじゃあないよ!
チラシ1

チラシ2


余裕ぶった姉と、反抗しながらも流される弟との関係はどこへ向かうのか……
ご感想、アンケート等頂戴できれば幸いです。よろしくお願いいたします。

チラシ3

そろそろ単行本が射程に入ってまいりました!


 

こんにちは。
エロ描く方のビフィダスが、5月末発売の『エンジェル倶楽部』7月号読者プレゼントにて、
特製スケベイラストジグソーパズルを担当させて頂きました。
読者プレゼントの応募方法は…巻末についているアンケート用紙(の宛名部分)に読者プレゼント応募欄がありますので、
それに希望の品(いろいろあって豪華)と宛先を記入してハガキに貼り付けてポストに投函するとそれが編集部に届いて、厳正な抽選の末に当選者に品物が届く、
的なものとなります。
パズル告知
絵柄は人妻エクササイズです。(画像は上下を切り取ってあります。本物はちゃんと上下があって尻も見えます。)
宜しくお願いいたします!
公式ブログでの紹介はこちら。http://angelweb.jp/blog/?p=11321
なお、僕の漫画は次号に載ると思います。次号予告にぼくの名前がある!姉妹のお話ですって!
http://angelweb.jp/angel/wp-content/uploads/2015/07/ANG1607_470-471.jpg 


COMIC1☆10、ご来場の皆様まことにありがとうございました、そしてお疲れ様でした。
本の委託販売分も、かなり売れ行きが良い様子で、ありがとうございます。
(通販はこちら)
メロンブックス→https://goo.gl/b0ZtBx
とらのあな→http://goo.gl/q7uQRL
(両店、在庫が復活しました!)

さて、「データ販売して欲しい」という声をちょくちょく頂戴する事が増えましたので、
これを機に、今作のデータ販売をBOOTH,DLsite,DMMの三方にて行うことに致しました。
BOOTH
DLsite
DMM
パッケージ
データ販売は僕も勝手がよくわからないのですが、
話を伺いますに、ちょっと色々違うのですなあ。というか、「変えることが出来る」のだそうですな。
比較サンプル
何故そうなのか知らないけど、そうなんですって!不思議だ。

なお、「本」と「データ」との違いも、ちょっと述べておきます。
トーン。トーンにはほどよい読み応えがあって好きって人は多い。
データグレースケールで、なおかつ諸々の処理をちょっと簡略化せざるを得なかった。モワレを避けるために仕方がない。
あとがきや奥付があり、今回あとがきは鹿島という人物像に関する分析とかがあれこれ書いてある。
データ→あとがきがない。
なんか手にした時の感触が愛らしい。
データ→私はデータで本を買う経験があんまりないのでよくわからん。

皆様のライフスタイル、愛好スタイルに合わせて、お買い求めいただければ幸いです。

宜しくお願いいたします。
 

↑このページのトップヘ