ビフィダス牧場

サークルyogurt、ビフィダスの活動報告場です

2017年09月

エロ描く方のビフィダスが失楽天10月号(9月17日発売)でマンガを掲載させて頂くことになりました。
アパートの隣室に引っ越してきた外国人の女の子。
ひょんなことから彼女と料理で繋がることになるお話です。
料理っていいよね!
資料としてロシア料理の本を買ったら面白くてめっちゃずっと読んでました。
チラシ1

チラシ2

ご感想やアンケート、よろしくおねがいします!
==
先日、失楽天誌の編集さんより、はがきアンケートやwebアンケート(失楽天誌はアンケートをwebで出せるハイテックシステムが備わっているのだ。https://www.wani.com/questionnaire/←ここからアクセス出来ます)でのご感想を頂戴して、読んで僕は泣いた。
ご感想に、「あっ、ここ気づいてくれて嬉しい!」ということがバッチリ書いてあったりすると、孤独の中でクネクネ考えていたことがちゃんと実を結んていたと実感できて、兎に角報われた気分になります。
ヒロイン(夏目さんですね)のイラストを描いて投稿してくださった方もいらっしゃいました。僕は泣いた!
本当励みになりますし、力になります。ありがとうございます!
ガンバロ!

ビフィダスです。
大分遅れてしまいましたが、コミックマーケット92、お疲れ様でした!
unnamed
ご来場頂いた皆様、当スペースにお越し頂いた皆様、新刊お買い上げ頂いた皆様、ご挨拶頂けた皆様、この場を借りまして改めて御礼申しあげます。ありがとうございます!
差し入れお持ち頂けました皆様、ありがとうございます!写真とる前に食べてしまいました…。
また、会場に私の単行本をお持ち頂きました皆様、本当ありがとう御座いました!急ごしらえのイラストですが、描かせて頂きました…!また何か次の機会があればこういうことを致したく存じます。
・幾つか振り返ること
この夏コミは準備時期になって家庭内のドタバタがあり、参加どころじゃないムードになったりして準備が極端に滞ってしまったのですが、如何せん事態が落ち着き、新刊を用意できて良かったです。次はしっかり準備したいところですが、果たして。如何せん頑張らねば。
まとめ本表紙1切り抜き
新刊はこちら!通販&電子版、販売中です!よろしくね!
・売り子さん
さて、参加が怪しいとなると、当然、当日のコス売り子さんをお願いしたりすることが難しくなります。
「○日目、ご都合よろしければ売り子をお願いしても宜しいでしょうか?僕は当日参加できるかわかんないんですけど」みたいなフニャフニャしたお願いをする訳にはいかないからだ。
しかも、いざ僕の参加が確定したとしても、期日が迫れば迫るほど知り合いの方の予定は確定していくので、こちらからお願いを持ちかけることが希望の無い博打になっていく。たとえ希望の無い博打でも、声を掛けなければ可能性は0%なので、絶対に声は掛けていかなければならない!のに、その勇気はどんどん奪われていく。(こういう心理的な罠は割とよくあり、例えば何か願書だとか応募だとかの締切を忘れてたことに気づいた時など、何故か我々は心理的ショックを避ける為に、締切の確認そのものを避けて布団に篭もってゲームボーイしたりする。あれだ。)
可能性の問題に加え、別の頼み辛さも生じてくる。知り合いの方の予定や都合をコミケ直前の段階で動かしてしまうというのは、もの凄く心苦しいのだ。直前近くになって知り合いの仲良しの作家さんが、「三日目、体力的に休みたいけど手伝えなくもないよ」と声を掛けて下さったのだが、やはり休む予定であったのなら休ませてあげたい。近代的男性というのは悲しい生き物で、他人の予定を変えさせることにすさまじい罪悪感を抱くものなのだ
そんな訳で、今回はものっすごくヒーコラした。
今回は、本当土壇場になって、みーちゃん様に売り子さんをお願いすることが出来ました。ありがとうございました!!!
・ある反省点
サークルチケットは3枚あって、サークル主のほかに売り子さんなりお留守番さんなどのお手伝いさんを計2名までヘルプをお願いできるのだが、やはり、売り子さんに加えてもうお一人のヘルプ要員が欲しい。
昼過ぎ1時~3時あたり、サークル主は挨拶回りしたいし売り子さんには長めの休憩&自由時間をあげたい、というタイミングでの、お留守番のヘルプ。これが本当に本当に助かるのだ。
ここのところ見込み違いをしたせいで、当日の挨拶回りの時間が全く足りなくなってしまった。ご挨拶できない方がいて、申し訳なかったです…トホホ。
==
以下、個人的メモです。
双子_003

ロシア娘_007
2ヶ月くらい、休みなくずっと漫画を描いてました。
7月から8月にかけ、
・商業カラーイラストの仕事複数(7月末締切)
・エンジェル倶楽部の表紙&ポスター(7月末締切)
・エンジェル倶楽部の20P白黒漫画(8月10日締切)
・夏コミの同人誌(8月頭入稿)
・夏コミ(8月11~13日)
・そして失楽天の18P白黒漫画(8月末締切)
・そこからまたカラーイラスト1件(8月末締切)
これらが8月の終わりに綺麗に終わった形になります。コミケ後も、戦利品を楽しむ余裕がなかった。
絵の仕事を僕は基本一人でやっています。
さすがに失楽天さんの原稿はアシスタントさんの補助をお願いしましたが、僕の作業の仕方は分担をしづらいことなだけに中々上手くいきませんでした(ここも見直さないといけない)。
で、私の場合、商業の仕事は、ネーム提出から下書き~ペン入れ~トーン貼り~仕上げまで一気呵成、休みなしでその仕事だけを粛々と進め続けるという形で仕事をしています。
これは私のジンクスとかメソッドとかいう奴で、商業デビュー以来、次のような考えの下に自分の作業サイクルが形成され、維持されてきました。
「作業速度が速いほうが、集中できていることを意味するし、作家としての生産性の証明にもなる。
 従って、執筆を開始したら提出までは極力急ぐ。そして、急げば急ぐほど自信がつき、将来の展望も広がるし、やる気も上がる。」


…さて、今回で、そのサイクルがとうとう破綻しました。
今回、ポックリと、無いのです。何を次に描くか、というエネルギーの蓄積が、原稿入稿後から即座に次回作に突っ走れるスタートダッシュが、無い。
これまでは毎月毎月、その都度その都度、原稿を描きながら同時に何か凄く好きな作品、上手い作品に出会っていて、「あっ、次はこんな作品を描きたい、勉強したい」みたいな刺激が常にあったんです。
が、
コミケによる製作リズムの躓き(「アイデアの強制搾り出し」みたいなことが起きる)。
そして、エンクラと失楽天の作品構想をほぼ同時にやったことによる、ネタのストックの複数同時消費。
「あんまネタを前々から暖めてると、描く段階になって腐っちゃって勿体無いし、思いついたばかりの新しいアイデアを試せなくなるから、早いうちからネタ出しするのはやめとこう」と考えた結果の、ネタ貯金の欠如(まあこれは望んだ結果なのですが)。
そして何より、インターバル無しで作業していたことによって引き起こされてしまった、ゆっくり次回作の構想を考える時間や面白い作品にゆっくり触れる時間の欠如
これらのしわ寄せが一気に来ました。

おかげさまで逆に今の僕はすごくスッキリとした気持ちでこの遅い夏休みを過ごすことが出来ています。
絵の練習をしたり、何の目的もなく好きに作品をインプットしたり、次回作の構想を練るために自分の過去や未来を考えたり、そういうことが出来ているワケです。
ですが一方、「自分の作業メソッドはこのあたりで見直ししておいていいかも」とも思っています。
つまり、インプットの時間を増やす為に、週に一日とか二日とか、「絶対に作業をしない日」を作ろうというワケです。ツイッターにイラストをアップしたりする時間も余力もないので、私の発信力もガタガタに落ちている。ここを回復させるためにも、「ぶっ続けで延々と作業」はやめよう。そう思うようになりました。
サステイナビリティ。無理してメチャクチャに仕事して身体や心やモチベを壊してその世界から消えていく、というのではなく、長く着実に仕事を持続させていく上で、何かしらの「方法論」を自覚的に立てるというのは多分必須に近いことだと思います(世に言う「人生哲学」みたいなものは、つまりはこれなのでしょう)。が、この方法論という奴、折を見てチェックし、整備し、最適化とは言わずともチマチマ改善していかないといけないのですよね。面白いなあ。

↑このページのトップヘ