ビフィダス牧場

サークルyogurt、ビフィダスの活動報告場です

2018年12月

C95、お疲れ様でした!!!
ご来場頂いた皆様、新刊・合同誌・既刊お手に取って頂けました方、ご挨拶頂けました方、重ねて、ありがとうございます!!!
おかげさまで大変充実したイベントになりました!!!
新刊『泥酔背徳温泉』書店委託してます!よろしくね!
表紙1切り出し
ブックメイト様https://bookmate-net.com/ec/17568
IMG_6725
A0ポスター。とらのあな様のどこかで展示される予感!
IMG_6753
頂いた差し入れです!ありがとうございました!!!
幾つか、あったことを短く記録しておきます。
・売り子さんに、みーちゃん様をお迎えしました。直前になって、当初お願いしていた売り子さんの都合がつかなくなり、あわててお願いしたという次第…ありがとうございました!!
・また、サークルのお手伝いに、6EYESの元サックサー(サックスを吹く方)サトゥーさんが来て下さいました!!奇縁!!!ありがとうございます!
・混雑を予感して&前回夏コミでの設営遅延地獄の反省から、7:30集合で入場したが、新木場が既に混んでいて驚いた。
・平成最後のコミケで、初めて黄色の頒布一時停止カードをいただいてしまった
ですが、設営&登録審査が時間的に早い段階だった為、運営さん側にも余裕があったようで、
余裕のある入場&設営っていいな、と思った。
ちなみに、修正基準に関して若干危ういところがあって審査→許可、という流れでした。
後学!
本当に冷や汗をかいた。引きつり笑いをしていた。
・今回は久々の壁だったが、スペースの広さ・荷物を置ける余裕に感動した。ポスターもでかい!あと、養生テープで壁にポスターを貼ると剥がす際に塗装にダメージがある可能性があるので、もっと安全なテープがある筈…
・今回驚いたのは、「結構持ってきちゃったかも」という既刊が、午後にじわじわ売れて、完売してしまったことだ。既刊が沢山あるというのは頒布する側としては展開が面倒、一般参加者側としても「沢山あるのは嬉しい」という気持ちと「沢山あると煩わしい」という気持ちがあって、難しい問題なのだが、
「既刊全部下さい」と仰ってくださる方がいらして、感動した。
また、準新刊「後輩種付温泉」を、同時に買って下さる方が特に午後から増えて、ありがたかった。序盤は大急ぎで新刊だけ確保→午後に余裕が出たら既刊が売れていく、というムーブを感じた。
・今回は久々に壁ということで、周囲のサークルの頒布速度を見ながら、あれこれ考えることがあった。
兎に角今年は「広報をおろそかにしまくった」年だった。メンタルが内向的になり、商業原稿以外で絵を公開する機会が皆無になってしまったのだ。
このあたり、作家としては「身体を鍛えて顔は不細工」みたいなものなので、両輪で頑張るべきだったと反省した。
来年のテーマは決まりました。ここです。顔も身体も鍛える。

・会いたい方にめちゃ会えたコミケでした。特に「あっ会えないかも今回!」という方にハッと出会える&様々な幸運やご助力によって出会えるということが多くて、感動した!
本年、お世話になりました。良いお年をお迎え下さい!!

サークルyogurtのビフィダスです。
今回の冬コミは、僕は自作品の他に参加させて頂いた本がございまして、
この本は私のスペース(2日目西あ46a)でも委託頒布させて頂きます。
『みーちゃんぷるー 自撮り系熟女子合同』R-18、64P!
自撮りしてSNSにアップロードする熟女子の生々しさ…を題材に、
チョー豪華作家陣が集いました!
sample1
参加作家先生方
・越山弱衰先生!
艶事に染まる (GOT COMICS)
越山弱衰
ジーオーティー
2018-06-30

・咲次朗先生!
埒(らち) (GOT COMICS)
咲次朗
ジーオーティー
2018-07-31

・時浜次郎先生!
軽率メガネと夏服エッチ(Visual Biscuits) - FANZA同人(旧DMM.R18) https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_133964/
・ポロロッカ先生!
吸血鬼と不健康OLの話 / ポロロッカ http://seiga.nicovideo.jp/comic/37771
・アレグロ先生!
Special EXtra FRIEND セフレ妻ゆかり Vol.01https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=398369
・くにふと先生!
息子の親友(ダチ)と…(くにふとわーく) - FANZA同人(旧DMM.R18) https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_133963/
・おるとろ先生!
不貞交尾妻ほのか ~発覚編~(Vadass) - FANZA同人(旧DMM.R18) https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_122298/
・ビフィダス
sample2
sample3
sample4
どうでえ、すごいメンツに混じらせて頂きました!

冬コミでの委託サークルはこちら!
12/30(2日目 
西あ46a サークル「yogurt」 ビフィダス
12/31(3日目 
西む03b サークル「アイソカーブ」 アレグロ先生
西む04b サークル「はよしねま」 越山弱衰先生
当日頒布価格は800円!

書店委託こちら!
とら:https://ec.toranoana.jp/tora_r/ec/item/040030688906 
私は10Pの作品を描かせて頂きました。
0_015s
0_020s
我ながら物凄くエロい予感がするし読み応えのある作品になっている予感がするので、お楽しみに!
よろしくおねがいします!

ビフィダスです。この冬コミは、自作品以外でもゲスト参加させていただいた作品がございまして、
ご紹介します!
2日目"ち20a"コブリバディ様『FLAT FLEET 貧乳化改修合同 戦艦編』Du06vWTVAAAfRfb_origDu06vxpU0AEczXW_orig
艦これの二次創作、貧乳化合同の表紙を担当させて頂きました!屈強頑健なる戦艦たちの勇姿を見られる予感だよ!よろすくね!

3日目"Q07b"Huge Zamber様『サホーレ!インドカリー!』
あの大刀さんの定番レシピ本、今作はインドカレー・インド料理・ビリヤニとかのレシピ本だ!DuxolOAUwAE3d74_origDuxomXQVsAE6LH5_origDuxonYIU0AIrr7y_orig
中のイラストに寄稿させていただきました!!
インドネパール料理、自作するなら今だぜ!!


書店委託情報出たらまた追記しておきますが、冬コミ、よろしくね!!

サークルyogurtのビフィダスです。
今度の冬コミC95は【12月30日(日曜・2日目)西ホールあ46a】にて出展させて頂きます。
新作、温泉モノオリジナル、第3弾だよ!温泉っていいよね。
表紙1切り出し
『泥酔背徳温泉ー主婦・篠原雪枝さんの火遊び』。
sample1
sample2
sample3
主婦仲間と温泉旅行に来た有閑主婦・雪枝さん(不倫経験アリ)。
部屋飲みを抜け出した先、廊下の自販機コーナーで草食系男子に出会ったことから
彼女のなんかが始まります…
完熟気味のだらしないボデーがユサユサ揺れるよ!
おたのしみに!
委託も開始しています!
メロンブックス様https://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=446184
ブックメイト様https://bookmate-net.com/ec/17568

よろしくおねがいします!
コミケ当日は、このほかに…
僕も関わらせていただいた素敵な企画と(ごじつはっぴょう!!)、
あと艦これ書き下ろし巨乳巨ボデー本がある・・・かも。 

s0
失楽天に掲載させて頂きましたこの作品「ミユキ姉のソファー」
(コミフロでのリンクはコチラ!読んでね!→)https://komiflo.com/comics/4469
(あ、電子アンケートもあるのでよろすくね!→https://www.wani.com/product/13878_s/
について、思い出したことがあったので備忘がてら記述しておきます。
このヒロインのミユキさんは、キャラデザインと基本構想だけは7月くらいに既に出来ていました。s174
↑編集さんに提出したラフ。この段階で「でかくてだらしないボデーの女の子を描く、その女の子は基本内向的だが家の中で出会う主人公に対してだけは素の態度が出る」というコンセプトが明確だった。
で、このヒロイン像を僕は気に入って、
「隣の家のだらしないお姉さんがスキだらけで寝ている時に、ひっそりイタズラする」という話の構想を立ち上げたのです。
そのとき、編集さんから頂いたアドバイスがこうでした。
編集さん「お隣さんだと関係性が弱い気がするので、従姉妹とかにしませんか」
私「なるほど(←あまりに安易な同調) そうしてみましょうか」

この提案を僕が受諾してから、このネームは一切が止まりました。
二人の関係性と出会いのシチュエーションという、話の根幹・前提・土台が変わってしまったので、その上に立っていた道中~帰結までの流れ、ウッスラ考えていた「描きたいポイント」がゼンブ息の根を止められてしまったのです。
揺らいだ土台からは、アイデアの枝葉がバラバラに生えてくる。このまとまらない思いつきの集合体の量が、いよいよ精神を圧迫する。どの枝葉を切れば幹が通るのかが、ある時点から完璧に見えなくなってしまう。
結果、スケジュールのデッドラインになって構想全撤回・再提出したのが、「もてなしの湯」となります。

「もてなしの湯」を描いた後も、生み出したヒロイン像(むちむちはどーしても描きたい)は頭から離れないので、この子の魂に肉体を与えて脳の牢獄から解放してやる為にも、再度ネームに挑戦しました。
が、やはり焦点が定まらない。
で、スケジュールのデッドラインになって、話の前提をあれこれ組み替えたり要素を整理したりして、従姉妹という設定を「なんか導入がかったるい」と感じて「お隣さん」にしたところ…
一気に話が出来上がりました。
そして、後々になって自分の難航の理由を確認すべく振り返って考えていた際に、
「あ、これ最初の構想に戻っただけだった!」と気づいたのでした。
これは大変教訓に富む気づきとなりました。

思うに、物語の着想となる最初のひらめきというのは、複数のアイデアのワンセットなのでしょう。
そのワンセットのアイデアたちは強固な直感性を持ちながら緩やかに親和していて、
思いつきでいじってしまうと、親和性が失われておおもとのパワフルな直感性ごとダメになってしまう…。(例えば…カレーという着想には、味の強いカレーソースその味を受け止めつつボリュームの主体を担う温かくて柔らかいライスアクセントたる福神漬けがワンセットになっていて、そのライスを「ライスより大根おろしの方が健康に良さそう、白いし」とかいって差し替えてしまうと、おおもとの食べたいものではなくなってしまう訳だ。)
この、最初のひらめきの時点で、パワフルなアイデアのワンセットをどこまでガッチリ作れるかが、読み切りを構想する上でのキモではないか、とか考えてしまいますね。

あと、人のアドバイスは話半分で聞いておけ、という教訓も得られました。話半分という態度って実は物凄く良いことな気がする。「参考になるなら取り入れるし、そうでなければ省みない」というの、アイデアマンのキモみたいな態度な気がする。何でもかんでも柔軟に意見を取り入れればオトナ、という訳では決してない。

↑このページのトップヘ