初単行本『キミを誘う疼き穴』、1月17日発売!よろしくね!アマゾンはこちら
練習006
↑「雨宿りのミカ」よりミカちゃん。作中で一番業の深いプレイをすることになる子。個人的にこの作品はものすごく描きたかった作品で、だから描き上げられたことに大いに満足している。なんでこんなニヤニヤ笑っているのかは読むと分かります。

さて、本日、自宅に小包が届きました。
開封すると
・・・
・・・
スクショ4
物理書籍が!
手にするの初めて!あああああ!
中身を捲ってみましたが、雑誌掲載分と違い、
黒が黒い!
というか、白が白い!紙が白いから!
紙が白いから、インクの黒も黒い!印刷が良く、画面がクッキリニッチリして、なんか自分の作品でないかのようにキラッキラしていて、感動しています。 
これが本というものなのか。おおお。

折角なので、単行本で増えたところとかを、ちょろっとご案内します。

・書き下ろし見開きカラーピンナップ
冒頭にドンとあるので、見てね!

・本文修正

掲載時のミス等、ところどころをちょろちょろ修正しています。 「掲載時の絵柄を後から変えてしまうことは読者に望まれないことがある」とか「修正したいなーって場所、読者はあまり気になってないからそんな注力しなくていい」とか古事記にあり、判断に迷った。

・書き下ろし後日談

これ、めっちゃやりたかった!
ので、やりました。
スクショ1
いくつかの作品の後日談があるよ。お楽しみに!

・巻末作品紹介
これもめっちゃやりたかった。
幼き頃、内々けやき先生の単行本を見た時から、「私が本を出せることがあったらぜってーやりてー」と思ってたことだったので、やりました。

スクショ2

キャラのこととか、製作中や発表後のエピソードンとか、なんか色々書いてあるよ!読んであげてね!

・挿絵
ちょこっとあるよ。よろしくね!


その後、秋葉原に行って、書店で私の本がチョロチョロあるのを確認して、手に取られていく様子を見て、感慨にふけりながら帰りました。
全国書店に行き渡る正式発売日は1月17日です。

あ、折角なので、とらのあな様特典の書き下ろしリーフレットも紹介します。
・書き下ろしリーフレット「花澤さんのはじめて」
スクショ5
「公衆便所の花澤さん」より、花澤さんの後日談だよ。気になる方はとらのあな各店にてお求め下さい!

よろしくおねがいします!