●ユペチカ『サトコとナダ』書店で表紙買いしたが面白い。

アメリカに留学した日本人大学生サトコ。ルームシェア先で出てきたのは真っ黒いフードで目元以外を隠したムスリム女性だった。その子はサウジアラビア人留学生、ナダさん。しかし彼女はめっちゃ明るい美人さんで、お堅そうとか怖そうとか、あるいはかわいそうとかいった印象を払拭する如くに、ナダさんは人生を楽しみ、自分とか文化習俗に関する価値観を持ちながら生きていて、二人は交流を深めていく。そういうお話だ。
異文化交流だ。日本、サウジアラビア、そして舞台たるアメリカ、この三つの価値観が不思議な仕方で共存していく。
面白いよ!ネットでも読めます。http://sai-zen-sen.jp/comics/twi4/SATOKOandNADA/
==
●『第3のギデオン』。6巻の表紙を書店店頭で見かけないまま時間を過ごしすぎてしまった。
書店に出かけたついでにようやく探し出して買った。
本当ドチャクソ面白い。
出てくる人物が、葛藤する!
葛藤しない奴は大体みんなすぐ扇動されてすぐ短絡的な暴力を振るい、何の罪も無い兵隊とかを殺したりする。
葛藤!
葛藤というと僕らは「うじうじ悩むだけで何もしない」とか「あっちにもこっちにも正義があり…ジャスティス…世界とは…」みたいなことだと先入観で判断してどうしようもない。それは日和見主義とか相対主義とかいうもので、だいたい腰抜けの言い訳に過ぎないことが証明されている。
葛藤とは何か。机に座って辛気臭い顔をすることとは天と地の違いがある。目の前で剣を振りかざす相手がいる。聞く耳も持ちやしない!このままだと殺される。戦って殺すことも出来るが、その相手こそが、守らなきゃいけない当の者だったら?主人公ギデオンや国王ルイはそういう戦場の最先端で、武器を持たずに愛の力で戦う真の男なのだ。
そして悲しき破壊者ジョルジュ。彼もまた、自分が破壊の矛先を向けるものこそ自分を真に救うものだと気づいている。そうでありながら彼は破壊の歩みを止めない。ジョルジュも真の男であり愛の人なのだ。悲劇だ。
==
●出版社のパーティーに行って来ました。
先日、作家デビューして初めて、出版社主催のパーティーに招かれることになりました。
前々から作家先生方がトゥイートで、「出版社パーリーでビンゴ大会で景品を貰った」とか「水族館のフロアを貸しきって出版社パーリーをした」とか「水上クルーズで出版社パーリーした」とかそういう報告を写真付きでされているのを見かけるたび、私は結構歯噛みをして悔しがっていた。
こういう悔しさというのは良くない。「混じりたいものに混じれない、チクショウ!」というのは、「混じりたい母体のことを勝手に恨んでいる」「承認して欲しい相手を先んじて憎悪している」という物凄く厄介な状態だからだ。ここにハマってしまうと幸福が得られない。母体に近寄っても離れても苦しむことになるからだ
如何せん、去年の段階で僕は「来年はこういうパーリーに参加したいな」と強く意志した。そしたら参加できたので、良かった。
パーリー会場はでっかい広間で、名札をつけた沢山の作家先生や編集さんやスタッフの皆さんがワラワラ入って、お酒を次いで、皿を抱えてご飯を食べながら会話をするのである。
その際に感じたこと、分かったことを、この機会にまとめておきます。

・人は皆孤独
僕達は基本的には孤独なのだということが物凄く分かった。
孤独!つまり、僕らは知り合いとかが居ない限りは大体の場合、一人で、お皿かお酒かお箸を持って、フロアをウロウロするハメになるのだ。編集さんに会えれば、編集さんが気を回してくれで誰かに引き合わせてくれるかもしれない。そんな感じなのだ。

・自分から話しかけに行かなければ会話はできない
これもあらゆる人間関係における真理なのだが、ついついためらいがちになってしまう。
この躊躇に絡むのは大体次の二つの要素だと思う。
即ち、A・自分に対する自信の無さと、B・相手に対する無関心、この二つだ。
感謝すべきことに、漫画家はに関しては一定以上クリアしている所がある。生み出した作品と、日々の努力や労苦が、「会話の基盤」として使えるからだ。それでも「相手は自分を知らないんだから声掛けても迷惑では」という萎縮は生じる。
真に厄介な問題はだ。「お名前は知ってるけど作品のことをよく知らない」とか「作品は知ってるのにお名前と結びついていない」(これすげえもったいないと思う。よくあることだ。前に失楽天で、陰毛が濃いことを気にしておセッセを拒んできた彼女とようやくおセッセする話があってめっちゃ覚えてたのに作者先生の名前を覚えてなかったのだ。内藤らぶか先生だ。)とか、あと「昔の作品は知ってるけど最近の作品のことを知らない」とか、そういうことが結構あるからだ。
これ、恐ろしく痛感したので、今後はしっかり作品に関心を持って接すること、そして最低でもエロ漫画雑誌とかでおシコり申した作品の作家名は絶対に記憶しておくことを、心に決めた。

・会話って何じゃろう
会話というのはよくわからん。A・当たり障りの無い話と、B・踏み込んだ話、どっちがいいとかどっちをどう使うかというの、教科書とかにも載ってないのにみんな日常生活とか合コンとかキャバクラとかで平気でこのスキルを要求するし、おかげですぐ事故が起きてこっちばっかり後遺症が残ったりするのだから、なんか教習所とか欲しいものだ。
まあ想像だが…
A・当たり障りの無い会話=話し方から相手の社会常識、対人常識、そして人柄を知り、相手をしていて心地よいかどうか・信頼できるかどうか・共通の話題を持てるかどうかを判断する段階
B・踏み込んだ会話=相手が一定以上信頼できる/話題を共有できると分かってから、自分と相手の内奥の趣味趣向や考え方を披露し合い、交換して、互いの精神生活を向上させる営み
多分こんな感じの役割分担になっているのだと思う。スマブラって、ダメージを与えて下準備吹き飛ばして気持ちいい、みたいな役割分担があるじゃないですか。あれと同じなのではないかと思う。
…ということ、自分で整理してみて、今、ようやく分かった。なんてこった。

その上で、会話を構成するファクターはこんな感じになるんじゃないだろうか。
1・挨拶
2・自己紹介
3・共通の話題を見つける
4・その話題に対する各人のコミットの仕方を引き出し、互いに有益であるようにじっくり交換する
大体こんなものになる(たぶん合ってる)。
ありがたいことに作家の飲み会となると、3が大体「漫画」で確定するし、4も「漫画の方法論」で確定するのでここんところ苦しさがない。
そうすると、例えば…
ケース1:こっちが知ってる先生を見かけたら
挨拶して、自己紹介して、「好きです」って言って、過去の単行本の好きな話であるとか最近の作品の話をしたりして、気になってる点だとか創作のコツだとかいった話を聞いてみてウンウンフムフム頷いたりする、
見たいな感じになるし、
ケース2:互いに知らない同士であったら
挨拶して、自己紹介して、どういう作品を描いてるのかを聞いてスマッホで調べたりして、創作上の労苦だとか方法論だとかの話を互いにして情報交換してウンウンフムフム頷いたりする、
そういう行程を踏まえれば、とりあえず間違いはないのではないかと考える。
…だが、このやり方だと多分僕らは早々に行き詰って疲弊してしまうような気がする。
というのも、一回の会話なら成立しても、二回目三回目となるとネタが被ったり話題がなくなったりしそうじゃありませんか。
多分それを回避するには「常に新しく勉強していること」が必要で、じゃあそれは具体的にどういう振る舞いなのかというと、新しい作品とか漫画とかアニメとかゲームをその都度摂取し、解釈し、吸収し、自覚的に言葉に紡いで貯めていくことなのではないかと思う
良き会話をするとは良く生きることなのではあるまいか…

パーリーの話に戻しますに、

・人は皆苦労している
これを知れたことは本当に良かった。
基本、会場にいらっしゃるのは僕より実力も才気もある先生ばかりだ。絵とかめちゃ上手いのだ。
そんな先生方が、皆様やはり苦労されている。
そういう話を聞くと、「何だかんだで僕らは互いに苦労しながら同じ世界を支える者同士なのだ」と、実感する。
「混じりたいチクショウ!」とか「承認されたいチクショウ!」みたいな歪んだ自意識がじんわり癒される、不思議な空間だった。
そういう意味で、あの場でお話できたことは本当に有意義だった。

前を向いてがんばろう、と思った。