ビフィダス牧場

サークルyogurt、ビフィダスの活動報告場です

商業

エロ描く方のビフィダスがエンジェル倶楽部6月号(4月28日発売)でマンガを掲載させて頂くことになりました。
今回は表紙を飾らせていただきました!!太眉困り顔の巨乳ママさんが目印さ!
C9mrbtlVYAEGOy__orig
そして巻頭カラー4P+本文20P作品です! 
タイトルは「セックスレスでごめん」 。 
結婚、出産後長らくセックスレスになっていたお母さんと、盛りのついてしまった息子との
なんか一筋縄でいかない不思議なストーリーが展開されるよ!!
セックスレスのことならオレにまかせろーバリバリー! 
tirasi1
tirasi2
tirasi3
全国の男性と女性に、これから結婚しようという人や結婚した人に、読んで頂けると嬉しいです!

どうも、エロ描く方のビフィダスFよりご報告があります。

私は年毎に大雑把な目標のようなものを立てて、それに向けて行動をするようにしています。
例えば去年は、雑誌アンケートで一位を取るように頑張る、とかそういう奴です。
で、今年にも幾つかの目標を立てていました。
そのうちの二つが、叶いました。
・4月末発売『エンジェル倶楽部』誌6月号、表紙を僕が担当させて頂きます。
永年の夢だった雑誌の表紙を飾らせて頂ける日が来るとは…!わあああ!!
5月号表紙本番2c2s
表紙イラストは全体画像が公開されましたら改めて告知いたします。
表紙と連動して、カラー4P+モノクロ20Pの作品「セックスレスでごめん」という作品が掲載されます。
母子_001
母子_013s
正式な告知はまた後ほどに。お楽しみに!
そして……

・5月17日発売『失楽天』誌にて、ビフィダスが作品を掲載させて頂きます。 
永年の夢でありましたコンビニ誌に作品を掲載させて頂ける日が来たとは…!ヤッター!
IMG_3057
4月17日発売『失楽天』5月号に次号予告が載ってた!
星原_008
星原_009w

作品名は・・・決まったら告知します。幼馴染だった女の子、星原さんと主人公が再会するというお話だよ。
一ヶ月先の話になりますが、コンビニで見かけたら、よろしくね!
多くの読者さんに私の作品を読んでいただけたら嬉しいです! 


【その他近況報告】
・4月30日、東京ビッグサイトで開催されるCOMIC1☆11に新刊を出します。高雄のスケベ本だよ!
これも後に告知します。

・「伊勢日向まんが劇場版」、品薄になっておりましたので再販しました。メロンブックスさんの店頭とかでお見かけしたら、よろしくね!
http://yogurtbifidus.blog.jp/archives/68005442.html
 表1


 

エロ描く方のビフィダスがエンジェル倶楽部5月号(3月末発売)でマンガを掲載させて頂くことになりました。
タイトルは「アユの喫茶室」 。 
アユちゃんという従姉妹を、自分の喫茶店で預かることになった店主のお話です。
決して喋らないアユちゃん。その働きぶりはどんなものなのか。
店主はアユちゃんをどう思い、
アユちゃんは店主をどう考えるのか。
そんなお話です。
チラシ1
 チラシ2
巨乳メイドだよ!
エンジェル倶楽部、よろしくおねがいします。
前に出た単行本もよろしくね!


サンプルページ。
チラシ3

エロ描く方のビフィダスのインタビュー記事が、2月末発売『エンジェル倶楽部』4月号巻末に掲載されます。
インタビュー!
s69
なんかアホらしいことや恥ずかしいことをベラベラ喋ってるので、この記事はあんま読まないでね!
……あっ、ここはいいこと話してる!ここは読んでね!プロフィールだ。
s70
6EYES好き。

6EYES "Four Dots"。すげえ好き。セックスの匂いのディスコ 俺のピストル返せ
BLANK IN BLACK
6EYES
インディーズ・メーカー
2008-08-06

あ、あと「エンジェル倶楽部誌が何故描き易いか」みたいな話もしてた!
あ、あと、まあ、うん。豪華ラインナップの漫画本編をよろしくね!






月末発売です!よろしくね!
なお、僕の新作は次号(3月末発売)に、載ります。 
b1リサイズ
 単行本『キミを誘う疼き穴』、今日秋葉原に行ったら書店店頭から無くなってたから再発注して!オナシャス!秋葉原の書店で一ヶ月前の本が店頭から消えてるってのは、「返本した」よりは「品切れ起こしてる」可能性が高い、と信じたいことでR-type delta。


 

去る1月28日、秋葉原書泉ブックタワー9階イベントスペースにて開催されました、
『キミを誘う疼き穴』発売記念、エンジェル出版主催、サイン&トーク会「天使のまんだん」第一回、無事終わりました。
IMG_2680
すごく素敵なイベントでした!もう、すごく素敵でした。
参加された皆様、この場をお借りして改めて感謝申し述べます!ありがとうございます!本、楽しんでいただければ幸いです!
そして、場をご用意いただきました書泉ブックタワー様、エンジェル出版編集部の皆様にも御礼申し上げます。ありがとうございます!
エンジェル倶楽部公式ブログでのレポートはこちら!
http://angelweb.jp/blog/?p=13777 
以下、私の方でもレポートをさせて頂きます。備忘がてら、何があったのかを思い出しつつ書いていきます。

1、会場に行ってみよう
会場になる書泉ブックタワーさんは、9階のイベントホールフロアまでエスカレーターが通じていて、9階から先のエスカレーターは関係者立ち入り禁止となっていて稼動していない。
ここを、編集さんに案内されてテクテク上り、10階に立ち入った。そして、パネルとか棚とかお手洗いとかを抜けてウネウネ曲がると、控え室があった。私は感動したのでしゃしんを撮った。
IMG_2667
なんてこった!控え室!
暫くして会場設営が終わったので、降りた。
IMG_266
整然と並ぶ椅子!椅子の上にはおまけのポストカードと、イベント限定のネーム冊子!新作のネーム(漫画の設計図みたいなラフ段階のもの)を冊子にして下さったのだ。
奥にあるのがレジだ。エンジェル倶楽部の新刊も置いてある。
IMG_2674
壁には、告知用に書いた各話ヒロインの日替わりイラストが!壮観だ!(描いててよかった!)
IMG_2677
演台。奥には今回のじゃんけん大会の為に作ってくださった単行本表紙絵のタペストリー。
ちなみに机の上にあるのはサイン色紙。前に描いたけどとある事情で放っておいたものを、折角なのでイベントの為に持って来たのだ。
2、イベント人数に関して
サイン会というものの形式を私はよく知らない。
自分で参加したサイン会は、書泉グランテで開かれた赤根京さんの写真集のサイン会、あの一つだけだ(一生のおもひでぽろぽろだ。生の赤根さんに目の前で「ビフィダスさんですか!」と驚かれた時の感激を私は忘れないだろう)。
前に見たドラマの「重版出来!」では、皆が自分の単行本を持ってきてて、書店を埋め尽くす行列を作り(あれ何百人いたんだ)、机にいる著者にサインをして貰っていた気がした。
だが、これやると結構しんどかろう。
まず書店は行列管理で売り場をおもいっくそ制限されようし、参加された方に体調不良とかトラブルとかあったときの対処・管理もしんどかろうし、
著者もサイン描きまくってその場で絵まで描くとしたら腕が疲れようし(サイン本に「絵」を描くというのも、ある意味で好意のサービスだ。つまりは、サービスが行き過ぎるようになると、しんどい悪習となって維持できなくなってくる)、
並んでいる人の待ち時間も深刻に長くなりそうだ。一人一分でも50人なら50分。最初の人と最後の人とでは50分の差が出てしまう。厄介だ。
今回のイベントは、今後継続していくつもりのエンジェル出版主催サイン会イベントの第一弾企画で、嚆矢というかそんな奴だ。編集さんはかなり企画を練っていらした様子で、次へと繋げていける持続可能なイベント形態、というのを調整していらした。そのある種の様子見として、このイベント規模へと行き着いたのだという訳なのだ(ろう。僕はその企画決定の場にいた訳ではないから知らないが、以下の理解で大体合ってる筈)。
即ち、人数を限定する。20名の予約制。
そしてサイン本はその場で描くのでなく、予め著者の方に本を送っておいて、イラストを描いてから会場に搬入する。予め描ける分、それなりにご満足頂けるようには描く(それでも粗いし、20冊描くのメチャ疲れた。本の表紙をエイッと開いてのアナログ速筆というのは全ての作家が持ってるスキルじゃあないのだ)。
そして、サイン本を会場内レジでお買い上げして頂く(イベントによっては、予約チケットの時点で本の代金を払う形式もあるようだが、会場内でエンクラ本誌も売っていたのでその兼ね合いでこうなったのだろう)。
人数を制限する分、参加者の方には有意義な時間を過ごして頂けるように頑張る。
そして、長く待たされるだとか会場が満杯で体調不良になるとかマイクの声が聞こえないだとかいった風な会場内トラブルが起こらない丁度いい人数。(当然だが、参加された方が一人でも悲しい思いをされてしまうと、「参加者全員が幸せであるように」とイベントを開いている主催側はその方の悲しみを重視してしまい、今後のイベント見直しとか取り止めへと判断を傾けてしまう訳なのだ。だからイベントの管理というのはとっても重要なのだ。
作家負担、イベントの継続可能性、会場規模、イベント管理の限界値、運営体制、これらの兼ね合いの結果が今回のイベントだったのだと思う。
実際、会場に並ぶ椅子を見た時は、「この配置なら最大でも席数は25が限界だろう」と思ったし、イベント開催後は、「本当に良い人数設定だった気がする」と思った。無論、今後また様々な形態を試行していくような気もする。
3、イベント開始
めっちゃ緊張した。
トークの主題に関しては、イベント数日前に編集さんと大雑把に打ち合わせをしていた。
編集さん「当日のイベントトークは、この手元の新作ネーム冊子を見ながら進めるという形にしましょう」
私「あ、その前に、来場者の方にご挨拶とお礼を申し上げる時間を頂戴してもよろしいでしょうか」
編集さん「そうですね、ではその時間を設けましょう」
私「あ、単行本発売イベントなので、単行本に関してお話する時間を頂戴してもいいですか(ズケズケ言う)」
編集さん「そうですね、ではどういった聞き方をしましょうか」
私「えーと、本をまだ読んでない方もいらっしゃるでしょうから、本が出た感慨だとか反応だとか、そういった話がいいでしょうか」
っみたいな感じでズケズケ要求したが、話す内容に関しては当日になって頭がスッカラカンになったのでメチャクチャに喋った。
4、読者にお礼が直接言えるイベント
このサイン会&トークイベントという機会が私にとって嬉しかったのはこれだ。
で、冒頭で確かこういったことを喋っていた気がする。
……
料理人というのは調理中に自分の料理の味見が出来るし、皿に並べた料理を皆と共に味わうことも出来る。
だが、漫画家というのはそれが難しい。原稿を描いていく最中に作品を自分で何度も読んで検討してしまうので、世に出す頃には皆様と同じようには味わえない。自分の作品が本当に人を楽しませているのか、その自信がないのだ。
私がこれまでエンジェルさんで作品を楽しく描けたのは、読者の方からアンケートやファンレターを頂戴していたからで、それがなかったら自信を持てないままウロウロしていたことだろう。本当に助けられた。
読者の方には一人一人にお礼が言いたいし、この度出た単行本を買ってくださった方全員に本当はお礼が言いたいのだが現実的にそれは難しい。でも20名の方にこうして直接に御礼できる機会が出来たこと、大変感謝しているし、その場を提供してくださった書泉様にも御礼申し述べたい。
そして、一つお願いがあるのだが、好きな作家さんだとか好きな作品があるなら、どうかそれを編集さんなり雑誌なり当人なりに伝えて貰えると有難い。そうすると作家は本当元気が出るだろうし助かるだろう。
……

みたいなことを喋った。
会場、最初は私がド緊張状態にあったのだが、段々と参加者の方に笑顔やリアクションが増えて、どんどん打ち解けて温まっていった気がする。
感動したのは、参加者の方に挙手をお願いしたところ、「デビュー以前から同人とかで私を知っていた人」「エンクラで私を知った人」「このイベントや単行本で私に興味を持った人」が綺麗に分かれていたことだった。これは本当嬉しかった。エンクラで掲載したことや、本を出したりイベントをしたことに、明確な意味があったということを、目の前にいる人という形で知ることができたというのはすごいことなのだ。
あとは、何故今作では尻をフィーチャーしているのかとか、尻とおっぱいの差異であるとか、作画についての目標だとか、断面図であるとか、方法論であるとか、編集さんに話を振られるままに、頭を搾り出してムチャクチャに喋った。
と思ったらタイマーが鳴り、じゃんけん大会になり、サイン会になった。
サインを書いて贈呈する時、来場者の方に直接会話してご挨拶することが出来るのだが、この時間もまたとてもありがたかった。ダラダラすべきじゃあないがテキパキし過ぎても良くない、という微妙な場面なのだが、おかげさまでまったりと朗らかに進んで本当良かった。
で、サイン会が終わると、なんと寄せ書きのプレゼントがあった(これ、当日知ったことだ)。参加者の方が私へのメッセージを書いて下さったのだ。有難く受け取った。今でも家で読み返しています。
IMG_2679
花束や、寄せ書きや、お客様や書店様に頂戴したお土産(これもあんま慣習化すると今後に良くない影響を感じるので報告は省かせて頂きます)を持ち帰って、書泉さんを後にした。
本当、ありがとうございました!

5、書泉ブックタワー
IMG_2666
書泉ブックタワーさんは私がかなり長い間利用させていただいた書店の一つで、文庫関係、各種資料や技術書、あとマイナー作品を広くカバーした一般コミック、復刻コミック、あと写真集とかも強い書店さんだ。スケベ漫画もある。
普段、客としてこのお店を利用していた自分が、客と違う立場でこのお店を使うことになる日が来るとは本当思いも寄らなかったことだった。
3年前の自分が今の自分を見たら「何か凄い幸せなことになってるね」と褒めてくれるのだろうか。


単行本、よろしくね!!
スクショ4
 

↑このページのトップヘ