ビフィダス牧場

サークルyogurt、ビフィダスの活動報告場です

雑記

4月30日、東京ビッグサイトにて開催されたCOMIC1☆13、無事終わりました。
参加された皆様、お疲れ様でした、そしてありがとうございます。
当スペースにお越し下さいました皆様、ご挨拶頂きました皆様、ありがとうございます!
差し入れ頂きました皆様、ありがとうございます!

コミ1の新刊「不倫托卵温泉」は下記書店様にて委託しております。
001
とらhttp://www.toranoana.jp/mailorder/article/04/0030/62/62/040030626232.html
メロンhttps://www.melonbooks.co.jp/detail/detail.php?product_id=357547
COMICZINhttp://shop.comiczin.jp/products/detail.php?product_id=36602
ブックメイトhttps://bookmate-net.com/ec/2616
DMM(電子配信版)https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_126240/
宜しくお願い致します!感想きかせてね!

イベントが終わり打ち上げが終わり、疲労感が激しいのですが心の整理もしておきたいので、
以下、脳裏にあることや生じたことを部分的に、順不同、思いつきのままに述べておきます。
・愛用していた帽子を無くした 打ち上げをした秋葉原で落としたのかビッグサイトの帰りがけで落としたのか分かりませんが、いずれ回収しに行きます。
・一撃で心のおつぃんぽが勃起するポスター・表紙・タイトル というものがあることを、イベントの度に再確認させられます。が、個人的見解で、最も目を引く要素というのは「見たことがある」だと感じました。very示唆的。
・まぶしいものほど魅力あるもの 俺は心の狭いマンなので魅力あるものに対して目を背けるのを常とするのですが、いい加減そういう態度ではいられなくなったと痛感したイベントでもありました。
・お酒の効能 打ち上げの後、一人で帰る時というのは大体ものすごい孤独感と無能感と陰鬱感に苛まれて(イベント後鬱という奴だ。これが、自分の力量や交友関係に対する不安や失望から来るのか、只の脳疲労から来るのか、前者と後者が手を取り合って精神を痛めつけているのかは分からない)、それを紛らわす為に反射的にウルビアマンに入りビールを飲んだのですが、もうお酒では陰鬱が晴れないということは自分の中で分かりきってしまっていて、しかもおなかの満腹感をごまかして暴食できない歳になっているのでポテトフライも頼めず、結局陰鬱を抱えたまま店を出て歩くことになりました。
”酒に逃げるというのは精神の一時的な自殺”という仮説を立てています。人生に諦めをつけることで人は少し楽になり、その諦めの一つの形が「脳味噌をアルコールでかきまわして誤魔化す」という飲酒行為で、その同一線上に、死への欲求みたいなものがある気がする。
近頃、酒を飲んでもどうにもならないことが本当に自覚できてしまった。
酒は愉快なときに愉快に飲むのが一番いいですね。前の6EYESのライブのお酒は最高のお酒でした。
・神秘の効能 陰鬱が晴れないので読みかけていたミヒャエル・エンデ『自由の牢獄』の続きを読んだ。
自由の牢獄 (岩波現代文庫)
ミヒャエル エンデ
岩波書店
2007-09-14

酒に酔った頭でこれを読んだのは大失敗だった。
最後の短編「道しるべの伝説」、これは現実世界に疎外感を感じている男が神秘による救済と神秘世界への帰郷を求める話なのだが、
そこで描かれている主人公の、死に際での神秘的救済の瞬間が、酒に酔った私の目には、現実世界に適合できず孤独を抱えながら死んだ老人の妄想、のようにうつってしまったのだ。
神秘の救済なんて無いのかもしれない。これは嫌な帰結だった。(「道しるべの伝説」という話自体があんま良く出来てない話だったのだ、という気もするから、この結論もあんま強固なものじゃあないのだけど。上述書に収録された「遠い旅路の目的地」はものすごくよく出来ていて、すごい話だ。神秘は人に、望むものを与えて、しかも帳尻を合わせないというのがいい。)そんな訳で全然晴れ晴れとしなかった。
・エンデの神秘概念 漱石のユーモア概念 緑黄色野菜マンのナンセンス概念 ダイハードテイルズのパルプ概念
人間を真に救済するものは何なのだろう、と考えていて、上の四つの命題がグルグル頭の中を廻っていた。文学とは…
・性交渉
したい。というか、話を聞いてくれて共感してくれるwoman is 欲しい。

ビフィダスです。
今年の上四半期を終え、単行本作業に向けて通常原稿の締切サイクルが一旦ストップし、今若干の余裕が生じているので、これを機にこの上四半期を振り返っておきます。

去年の年末から4月半ばまで、ぞっとするほど原稿の山で、
息抜きイラストや年賀イラストを描く間もなく、
それどころか告知以外のブログ記事を書く間もなく働いてしまいました。
振り返ると…
1月冒頭 失楽天用ネーム諸修正(「タイムカプセル」ね 18P)。1月末締切、1月半ば提出、1月26までチェックバック修正。
1月半ば エンジェル倶楽部カラー表紙と20P本文原稿(「ママ教えてあげる」ね)。2月10日締切、2月7日提出(私は正規締切の半月前くらいに原稿を提出するのを常としているので、ここまで締切が押してしまったことがかなり稀)
2月頭 札幌雪まつりにおでかけ。2泊3日。
2月上旬より DMM用同人プロット開始(「不倫托卵温泉」ね 32P+表紙カラー)、3月5日完成、諸修正の後3月下旬発売開始。
2月上旬より 同時進行で失楽天新作プロット16P。(「耳たぶスイッチ」ね)、3月末締切、3月18日提出、3月20日チェックバック修正。
3月半ば 確定申告。私は一人でやった。
3月20日~ エンジェル倶楽部新作20P(「陽だまりの兄嫁」ね)、4月10日締切、4月8日提出(締切がここまでカツカツになったことはない)。
4月上旬~ コミック1に向けて「不倫托卵温泉」4P加筆と印刷用原稿作成。4月10日入稿。comic1、4月30日、「の51b」でお待ちしてます!
4月中旬まで とらのあなでの抱き枕/色紙等イラスト作成。

まあ兎に角働きました。
私はアシスタントさんとかを頼まず一人でやっているのですが、割と現体制ではこの作業量が限界値かもしれんと考えています。上限が見えた。

そして、働いた結果何が生じたのか、これもとりあえず書き残しておきます。
1、ワーカーホリック。締切をこなしていくことが人生の目標のようになり、自分で設定したスケジュール通りに仕事を進めることに生きがいを覚えるようになる。作家の展望とかいったことを考えるヒマがなく、幸福観・人生観が目の前に吊り下げられたニンジンを見つめる馬のように視野狭窄になる。
2、家庭への寄与やコミュニケーションの減少。家族や妻とあまり話さなくなり、家事や料理も減り、家族と遊ぶことも減る。
3、思考時間の総体的減少。考えて悩んでクヨクヨする時間が減少する、ないしアイデアを出すことの締切に余裕が無くなるので考え事がストレスになる。
4、運動不足。昔は夕方に秋葉原の書店の様子を見に行くといったことをしていたのですが、それを断つことで作業効率が爆上げ、その代わり運動不足に。
5、新刊エロ漫画をなかなか買いにいけない。新作を流しそうめんのように気軽に読めるkomifloがクッソ便利と知る。が、「誰かの作品集をまるごと手にする経験が減った」ことに、なんとない質的な悪影響も感じている。
、新しい刺激を得る機会が減る。インプットの減少。今はまだ自分の中に溜まったもので作品を作れますけどね。不倫モノが増えるのは仕方ないね。でもインプットの減少は後々で響く予感がするのでいい加減断ち切ります。小説を読まなくなっているのがとっても辛い、ダイハードテイルズの更新が命綱。

そして今、私は二冊目の単行本に向けて作業をしているのですが、敢えてスケジュールをゆるく設定して、締切や作業に追われない時間を作っています。
そうすると、まあ、作業をしていない罪悪感が強い!
トゥイッターのタイムラインに流れるイラストやコミ1進捗画像を見るとそれだけで焦る。
自分が怠惰で無能な気がしてくる。
世界に置いていかれるような恐怖感に飲み込まれる。
とはいっても、慌ててイラストを描ける訳でもない。ヘンに功を焦る結果、下書きもままならない。
うーん、こりゃいかん…のですが、
これはワーカーホリック状態に入って脳のサイクルが変容した人間に特有のある種の副作用、宇宙飛行士が地上に降りた後重力が重くてしんどくなるのと似たような現象だと思って、あんま焦らず放っておくことにしました。

で、じゃあ今後の方針は。
1、アシスタントさんを組み込む。問題はこれが僕にとってとっても難しいということなのですが、やってみるにこしたことはないなあ。(今早速知人に打診してみました)
2、商業原稿スケジュールの管理。頼まれたら無理して引き受けちゃう判断をよす
3、よみずいランドいく。
こんなところで一旦いこうと思います。

あと、折角なので追記を。

★漫画家としての収入について。
3月に確定申告をした折、自分の収益が一体どの作業に由来しているのかをチェクしてみました。
結構身につまされるものを感じました。
自分の人生の目的というのと照らし合わせる時、労働&お金の概念というのは
1・継続的に、創造的に創作し、自作品を発表できる機会を確保すること つまり雑誌への定期掲載
2・糊口を凌ぐこと
3・妻とか世間体とかに対して威張れる程度の収入を出して、それなりに胸を張って生きれるようになること
4・好きな創造・製作を出来る時間的・金銭的余裕を持つこと つまり雑誌以外での作品発表
大体こんな感じになると思うのですが、
1に注力しすぎ、結果として4を失っている状態になっている感じです。
というか、1と4はバーターです。定期的な仕事をすれば余暇のプロジェクトに割ける時間は減りますものね。
ただ、人生の時間は有限なので、これからの指針を考えないといけません。
なので、今年はゲーム作ります。4月30日のcomic1にて、それに関する方針等ふくめた折本を出します。今晩からつくらなきゃ。

★オリジナル同人DL販売について。
今回作ってみた同人「不倫托卵温泉」。
https://www.dmm.co.jp/dc/doujin/-/detail/=/cid=d_126240/
これを売り始めた時は、売れ行きが気になりすぎて2,3日は全く仕事が手につきませんでした。気づけば無意識にサークルページを確認しているという有様で、その時抱えていた作業の進捗が想定の最低ラインにまで落ち込みました。
困った副作用でしたが、それはあくまで慣れの問題で、いずれは解消されることでしょう。
この作品の外部広告、自分で観測する限りあんま無かったのですが、まあ最初の一作なので余り気にしないことにします。
スマホで読みやすいような作品を作るということを考えましたが、それが吉と出たか凶と出たかはまだ判然としません。
この作品、温泉モノとして様々なヒロインでシリーズ化していきたいので、またちまちま描いていくと思います!

 s99
10月末発売号エンジェル倶楽部の原稿(↑今作のヒロイン、川瀬まつりちゃんだよ)を入稿して一息つけるので、
この数日あったことや読んだ漫画について備忘録がてらメモンしておきます。

『サーカスの娘 オルガ』。上野の明正堂書店にて、たまたま発売日だったらしく平積みされていたので購入。
物凄く面白い。面白い!!
舞台はロシア。寒村からサーカス団に引き渡された少女オルガの物語だ。ゆっくり読ませてグワグワと面白い。
で、フラリと立ち寄った上野動物園園内で読んでボロ泣きした。
感情だとか山場だとかを、大げさでなく、押し付けがましくなく、でも読者にガンと打ち出す仕方というものについて考えさせられている。
なんかもっとずっと、「よくあるマンガっぽいこと」から離れた表現が許される気がする。
==
ウメハラマンガが面白い。
https://web-ace.jp/youngaceup/contents/1000032/
↑ヤングエースUP(ネットで読める奴ね)の作品ページ。かなりバックナンバーを遡れる。
最近、単行本7巻も出た。

格闘ゲームが物凄く強くてあちこちで活躍されているウメハラというゲーマーの少年時代を描いた伝記風物語なのだが、
ここに出てくるライバル達のキャラクターが恐ろしく立っている。水道止めてまでゲームに金を費やし勝負に人生を賭けていて圧倒的な練習量でウメハラをボコボコにするクラハシとか、なんかすごいオーラを持ってて暴君不良っぽくてヘラヘラしながらも恐ろしく高度な対戦理論を持っててウメハラをボコボコにするオゴウとか、もう立ちに立っている。ウメハラがクソみたいに強い上に、クラハシもオゴウもウメハラをボコボコにするので、つまりみんなクッソ強いのだ。
で、しかもこのクラハシさんやオゴウさんは実在しているプレイヤーなのだ。
「じゃあきっと、マンガ化するにあたって当時の思い出や出来事を脚色して、キャラとかちょっと盛って、描いてるんじゃないの?」とか、読んでるこっちは思ってしまう。
が、先日、この主人公ウメハラと、クラハシ、そしてオゴウが実際にゲームで対戦して決着をつけるという企画があった。

これだ。
生で見て僕は打ち震えて、泣いた。
物凄い面白かった。
しかもキャラが本当すごいんだ!キャラというのはつまりは三者の行動哲学みたいなものだ。それがバリバリに立っていて、実況している周囲が絶叫し感動し喚き叫ぶのだ。
すごいよ。
リアルからマンガが飛び出してきたと思ったら、マンガからリアルが更に飛び出してきた。
ウメハラマンガもクッソ面白い。強くなればなるほど対戦相手が減っていくというジレンマを抱えたクラハシが、ふとウメハラ達と心を通じ合わせる瞬間のようなものがあって、読んでて胸が熱くなる。
==
先日、同人即売会イベントの為に人形町へ行った。その時のこと。
前日が大型イベントだったのだが仕事の都合で行けず、気まずい思いをしていた。
で、このオンリーイベントにて、お会いしたかった方々にご挨拶に伺ったのだ。
その時は熱っぽかったり喉の奥で変な味がしたり散発的に頭痛がしたりと体調不良気味で、
しかも原稿の進捗の悪さなどがあり兎に角具合が悪かった。
しかも心に余裕が無いせいで(←言い訳)、コミケで買わせていただいた作品のご感想とかも言えずじまいになっていたのだ。
だから、ウェーイとご挨拶して新刊を買わせて頂いた後、私は聞かれもしないのに言い訳じみたことを半笑いで言い始めた。
いや、近頃本当忙しくて、すんません。しかもなんか近頃頭痛くて。ハハ
そうすると皆さん笑顔で心配して下さるのだ。
大丈夫ですか!?
同情を買うのは中々気分の良いことだ。
で、「大丈夫です、ではまた!」とスペースを立ち去ったその瞬間から、身体に異変が起きた。
頭痛が激しくなる。眩暈がし、悪寒までしてくる。転がり落ちるように体調が悪化した。
ああ、他人に自分の病気アピールだの忙しいアピールだのをするもんじゃない。なんてみっともないんだろう。言い訳がましいし、なんか負い目を自ら白状して弁解しているみたいでアホみたいだ。
と、めちゃくちゃ後悔した。
考えてみれば私は漫画とか作品を描くことで人に認知され、人の繋がりを得て、作家さんとかレイヤーさんとかと挨拶できるようになった身だ。
作品を作って人を喜ばせるというプラスの努力によって人間関係を勝ち得てきたのだ。
ならば、やはりプラスの努力の中で人と繋がっていたい。喜ばせあう関係の中にいたい。
そう思って、言い訳じみた体調不良アッピルや忙しいアッピルを金輪際しないと天に誓った。
そしたら体調もスーッと良くなってきて、数日前から生じていた頭痛も消えたのだった。

人間関係に対してウソをつかない、というのは本当に大切なことなんじゃないかと今更思う。
で、この「ウソをつかない」というのは「思ったことは悪口だろうが何だろうが何でも言う、包み隠さず言うのが誠実!」とかそういうことではなく、「相手に関心を持って接する」ということなのではないかと思う。「実は関心が無いのに関心を持ってるフリして近づき、取り繕う」というのが、一番厄介なウソなのではないか、などと思う。

ビフィダスです。
大分遅れてしまいましたが、コミックマーケット92、お疲れ様でした!
unnamed
ご来場頂いた皆様、当スペースにお越し頂いた皆様、新刊お買い上げ頂いた皆様、ご挨拶頂けた皆様、この場を借りまして改めて御礼申しあげます。ありがとうございます!
差し入れお持ち頂けました皆様、ありがとうございます!写真とる前に食べてしまいました…。
また、会場に私の単行本をお持ち頂きました皆様、本当ありがとう御座いました!急ごしらえのイラストですが、描かせて頂きました…!また何か次の機会があればこういうことを致したく存じます。
・幾つか振り返ること
この夏コミは準備時期になって家庭内のドタバタがあり、参加どころじゃないムードになったりして準備が極端に滞ってしまったのですが、如何せん事態が落ち着き、新刊を用意できて良かったです。次はしっかり準備したいところですが、果たして。如何せん頑張らねば。
まとめ本表紙1切り抜き
新刊はこちら!通販&電子版、販売中です!よろしくね!
・売り子さん
さて、参加が怪しいとなると、当然、当日のコス売り子さんをお願いしたりすることが難しくなります。
「○日目、ご都合よろしければ売り子をお願いしても宜しいでしょうか?僕は当日参加できるかわかんないんですけど」みたいなフニャフニャしたお願いをする訳にはいかないからだ。
しかも、いざ僕の参加が確定したとしても、期日が迫れば迫るほど知り合いの方の予定は確定していくので、こちらからお願いを持ちかけることが希望の無い博打になっていく。たとえ希望の無い博打でも、声を掛けなければ可能性は0%なので、絶対に声は掛けていかなければならない!のに、その勇気はどんどん奪われていく。(こういう心理的な罠は割とよくあり、例えば何か願書だとか応募だとかの締切を忘れてたことに気づいた時など、何故か我々は心理的ショックを避ける為に、締切の確認そのものを避けて布団に篭もってゲームボーイしたりする。あれだ。)
可能性の問題に加え、別の頼み辛さも生じてくる。知り合いの方の予定や都合をコミケ直前の段階で動かしてしまうというのは、もの凄く心苦しいのだ。直前近くになって知り合いの仲良しの作家さんが、「三日目、体力的に休みたいけど手伝えなくもないよ」と声を掛けて下さったのだが、やはり休む予定であったのなら休ませてあげたい。近代的男性というのは悲しい生き物で、他人の予定を変えさせることにすさまじい罪悪感を抱くものなのだ
そんな訳で、今回はものっすごくヒーコラした。
今回は、本当土壇場になって、みーちゃん様に売り子さんをお願いすることが出来ました。ありがとうございました!!!
・ある反省点
サークルチケットは3枚あって、サークル主のほかに売り子さんなりお留守番さんなどのお手伝いさんを計2名までヘルプをお願いできるのだが、やはり、売り子さんに加えてもうお一人のヘルプ要員が欲しい。
昼過ぎ1時~3時あたり、サークル主は挨拶回りしたいし売り子さんには長めの休憩&自由時間をあげたい、というタイミングでの、お留守番のヘルプ。これが本当に本当に助かるのだ。
ここのところ見込み違いをしたせいで、当日の挨拶回りの時間が全く足りなくなってしまった。ご挨拶できない方がいて、申し訳なかったです…トホホ。
==
以下、個人的メモです。
双子_003

ロシア娘_007
2ヶ月くらい、休みなくずっと漫画を描いてました。
7月から8月にかけ、
・商業カラーイラストの仕事複数(7月末締切)
・エンジェル倶楽部の表紙&ポスター(7月末締切)
・エンジェル倶楽部の20P白黒漫画(8月10日締切)
・夏コミの同人誌(8月頭入稿)
・夏コミ(8月11~13日)
・そして失楽天の18P白黒漫画(8月末締切)
・そこからまたカラーイラスト1件(8月末締切)
これらが8月の終わりに綺麗に終わった形になります。コミケ後も、戦利品を楽しむ余裕がなかった。
絵の仕事を僕は基本一人でやっています。
さすがに失楽天さんの原稿はアシスタントさんの補助をお願いしましたが、僕の作業の仕方は分担をしづらいことなだけに中々上手くいきませんでした(ここも見直さないといけない)。
で、私の場合、商業の仕事は、ネーム提出から下書き~ペン入れ~トーン貼り~仕上げまで一気呵成、休みなしでその仕事だけを粛々と進め続けるという形で仕事をしています。
これは私のジンクスとかメソッドとかいう奴で、商業デビュー以来、次のような考えの下に自分の作業サイクルが形成され、維持されてきました。
「作業速度が速いほうが、集中できていることを意味するし、作家としての生産性の証明にもなる。
 従って、執筆を開始したら提出までは極力急ぐ。そして、急げば急ぐほど自信がつき、将来の展望も広がるし、やる気も上がる。」


…さて、今回で、そのサイクルがとうとう破綻しました。
今回、ポックリと、無いのです。何を次に描くか、というエネルギーの蓄積が、原稿入稿後から即座に次回作に突っ走れるスタートダッシュが、無い。
これまでは毎月毎月、その都度その都度、原稿を描きながら同時に何か凄く好きな作品、上手い作品に出会っていて、「あっ、次はこんな作品を描きたい、勉強したい」みたいな刺激が常にあったんです。
が、
コミケによる製作リズムの躓き(「アイデアの強制搾り出し」みたいなことが起きる)。
そして、エンクラと失楽天の作品構想をほぼ同時にやったことによる、ネタのストックの複数同時消費。
「あんまネタを前々から暖めてると、描く段階になって腐っちゃって勿体無いし、思いついたばかりの新しいアイデアを試せなくなるから、早いうちからネタ出しするのはやめとこう」と考えた結果の、ネタ貯金の欠如(まあこれは望んだ結果なのですが)。
そして何より、インターバル無しで作業していたことによって引き起こされてしまった、ゆっくり次回作の構想を考える時間や面白い作品にゆっくり触れる時間の欠如
これらのしわ寄せが一気に来ました。

おかげさまで逆に今の僕はすごくスッキリとした気持ちでこの遅い夏休みを過ごすことが出来ています。
絵の練習をしたり、何の目的もなく好きに作品をインプットしたり、次回作の構想を練るために自分の過去や未来を考えたり、そういうことが出来ているワケです。
ですが一方、「自分の作業メソッドはこのあたりで見直ししておいていいかも」とも思っています。
つまり、インプットの時間を増やす為に、週に一日とか二日とか、「絶対に作業をしない日」を作ろうというワケです。ツイッターにイラストをアップしたりする時間も余力もないので、私の発信力もガタガタに落ちている。ここを回復させるためにも、「ぶっ続けで延々と作業」はやめよう。そう思うようになりました。
サステイナビリティ。無理してメチャクチャに仕事して身体や心やモチベを壊してその世界から消えていく、というのではなく、長く着実に仕事を持続させていく上で、何かしらの「方法論」を自覚的に立てるというのは多分必須に近いことだと思います(世に言う「人生哲学」みたいなものは、つまりはこれなのでしょう)。が、この方法論という奴、折を見てチェックし、整備し、最適化とは言わずともチマチマ改善していかないといけないのですよね。面白いなあ。

ビフィダスです。『ビースターズ』面白いですね。どんどん面白くなりますね。毎週、日をまたいで読み返すくらい面白いです。




売野機子先生の『ルポルタージュ』もメチャ面白い。


近況報告を幾つか。
1、最近の作品制作ペースについて
2016年はエンジェル倶楽部誌様にて三ヶ月に二回のペースで掲載をさせて頂いておりました。残りの時間で同人誌を用意したりトゥイッターに絵をアップしたり絵の練習をしたりしていた訳です。
2017年になって失楽天誌様でも描かせて頂けることになり、結果として現状はエンジェル倶楽部誌で隔月ペース、失楽天誌で隔月ペースで描いている形になります。月1ですね。
結構休みがない感じで、しかも「複数誌にまたがって新しい話を世に送り出す」のは、現状僕が持っている創作回路にちょっと特殊な負担を強いてしまっている感じなので、
「作業体制の効率化や分担」「楽に長く物語を作り続ける方法論」みたいなのを整備構築して、休める時間を増やしつつ、やっていけたらと思います。作家の耐久性のテストのようなものですね。
2、夏コミに関して
三日目キ48bでスペースを頂戴しましたが、家庭の事情により、当日の参加そのものが黄信号になりました。とりあえず致命的なことではなかったのですが、これから少々生活が不安定になります。
事態が安定ないし楽観視できるようであれば、例えば過去のおまけ漫画をまとめつつ書下ろしを加えたような本は用意できるかもしれません。
如何せん、委細は追って報告させて頂きます。
3、ビースターズ
面白いなあ・・・
4、ルポルタージュ
ああ面白え

↑このページのトップヘ