ビフィダス牧場

サークルyogurt、ビフィダスの活動報告場です

雑記

IMG_6816
1月27日、阿佐ヶ谷のバーTABASA様にて開催された
雑誌『エンジェル倶楽部』(書店で売ってるエロ漫画雑誌だよ)編集部主催の作家サイン色紙抽選イベント「天使のくじびき」
僕も作家としてひょろっと覗いて来ました。
ご参加されました皆様、運営設営に関わられた皆様、誠にお疲れ様でした!
そして、素晴らしい機会に混じらせて頂きましたこと、ありがとうございます!
参加された皆様が楽しい時間を過ごされたことを祈っております!
また、応募段階で抽選漏れの方々や、このたびサイン色紙をゲット出来なかった方々にも、次により良いチャンスがあることを祈念しております。
公式からのレポもある予感なので、僕はまた別の立場から、レポさせて頂きますね。
・色紙
新年、原稿の合間を縫って今回のイベント用のカラー色紙を描いて送ったところ、編集さんから連絡があった。
編「バッチシなんですけど、一ついいですか」
私「何でしょう」
編「色紙をお送りしたときに、折り目とかついてましたか?」
私「あー薄い横線の傷はあったかもしれませんね(いつも色紙は予備含め2枚頂いているのだが、一枚目でミスったので二枚目を使い、そこには実際目を凝らしてようやく気づくようなキズはあったのだ)」
編「それが、顔にまで折り目が入ってしまっていて」
私「バカな、確認させて頂けますか?」
写真を送って頂いたところ、送った色紙は「オエッ」というくらい折れていた。
色紙配送の折に使われるクラフト厚紙封筒に入れて配送したのだが、それは僕が「えいっ」と力を入れてもグニッとはならない代物なので、まあ、何か大きな荷物の間に挟まってテコの力でも加わったのだろう。
と言う訳で、カラー色紙1枚を新たに書き直して、現行の合間に編集部に直接お届けしたという訳なのだった。
kNLnvPaT
こちらがイベントに出した二枚目。最新作「交わりの宿」のヒロイン、シズクさんだよ。
僕がわざわざ編集部まで届けたのにも訳があって、原稿で毎日忙しいので、強制的に外に出る口実が欲しかったのだ。新年のご挨拶もしたかったし。
で、こういう荷物はやっぱり郵便局のゆうパックにお願いしよう、と思わされた。今までは基本ゆうパックを使っていて、特に問題がなかったのだが、今回はたまたまムニャムニャで配送をお願いしたのだ。
ちなみに破損したほうの色紙も、編集さんが「何かに使えないかなあ・・・」としきりに呻いていらしたので、
これから何かに出るかもしれません。
(話していて分かったのだが、エンクラの編集さんは、作家に原稿以外の仕事、例えば色紙を描かせるとかに、ことに大きな負い目…というか「すみません作品作り以外のことをお願いしてしまって感」を感じていらっしゃる様子なのだ。
編集さんは私が何か「お手伝いできることがあれば」と申し出ても、いつも「作家先生が作品作りに集中できるようにするのが編集の仕事ですので」と制止して下さる。
そもそも「作家はプロモーションも手伝うべき」みたいなハードルって、上がれば上がるほど苦しくなる上に効果も減っていって皆が疲弊する嫌なハードルだから、このハードルを長期的目算無しの場当たりサービス精神で上げるのは良くないという思いは僕にもある。)
・くじ引きという形式
作家が色紙を描く時というのは、単行本発売時に書店に配っておいて貰うとか(しんどいプロモーションだよなあと思う)、あと雑誌の読者プレゼントだとか、何かそういう形になりそうなものだが、
今回は色紙をオークションにかけ、それをファンイベントにする、ということで、結構珍しい形式だと思う。
だが、今回のオークションシステム…つまり抽選券システムはすごく良いと感じた。
「抽選券1枚○円で、1作家につき3枚まで買える、で、くじ引きする、外れても抽選券代がそのまま作家への支援になる」という形式なのだが、心から感心した。
ただのオークションだと値段が青天井になる危険があるし(価格が吊り上がり過ぎたら責任持てない感があるし、一枚1000万円!とかばっかりだと、何より参加した側が疲弊してしまう。傍から見れば動く金額がウン千万で「すげえ」となったとしても、参加した側が「あーバカらしい」と感じてしまったら悲劇だ。誰も幸せにならない)、
あと、作家によっての値段の差みたいなものが、「○○先生の色紙が100万円!ビフィダスの色紙50円!」みたいな感じでその場の参加者全員に知れ渡る、みたいなことがあったらイヤだよなと思っていたのだが、それも回避している。
さらには、抽選券代が作家のギャラになって直接の支援になるというのも、すごい。
そんな訳で、すごい英知を感じた。
・ファンイベント
ファンイベントというのは本当に企画が難しいだろうなと思う。
1a・参加していただけるファンの方が幸せになり、1b・今後も幸せであること。
2a・主催者である編集部とイベント会場側が幸せになり、2b・今後も幸せであること。
3a・このイベントによって出版社や書店、そして作家が幸せになり、3b・今後も幸せであること。
この6つが満たされないと、イベントというのは成立しないし継続されないのである。
この6つの満たされ方がイビツだと、「イベント開きましたが、ファン/運営/業界がポックリ疲弊しました/ネバネバ疲弊し続ける予感に苛まれました」なんてことになって歴史が悲しい方向にスライドしていく。
そんな中、僕が出来ることは何だろう…と考えた末、バーでイベントするならバーの人がホクホクになれるようにということでメチャクチャお酒を飲んだ。ビールとウイスキーとウイスキーとウイスキーと焼酎とウイスキーとラムバックとジンバックと白ワイン飲んだ。そしたら帰りがけに駅のトイレで吐いた。100年ぶりくらいに酒で嘔吐した。
でも、お酒を飲みながら皆様とおしゃべりできて、また直接に応援のお言葉を頂戴できて、とても嬉しかったです!
再度、このイベントに参加された皆様が楽しい時間を過ごされたことを祈っております。

C95、お疲れ様でした!!!
ご来場頂いた皆様、新刊・合同誌・既刊お手に取って頂けました方、ご挨拶頂けました方、重ねて、ありがとうございます!!!
おかげさまで大変充実したイベントになりました!!!
新刊『泥酔背徳温泉』書店委託してます!よろしくね!
表紙1切り出し
ブックメイト様https://bookmate-net.com/ec/17568
IMG_6725
A0ポスター。とらのあな様のどこかで展示される予感!
IMG_6753
頂いた差し入れです!ありがとうございました!!!
幾つか、あったことを短く記録しておきます。
・売り子さんに、みーちゃん様をお迎えしました。直前になって、当初お願いしていた売り子さんの都合がつかなくなり、あわててお願いしたという次第…ありがとうございました!!
・また、サークルのお手伝いに、6EYESの元サックサー(サックスを吹く方)サトゥーさんが来て下さいました!!奇縁!!!ありがとうございます!
・混雑を予感して&前回夏コミでの設営遅延地獄の反省から、7:30集合で入場したが、新木場が既に混んでいて驚いた。
・平成最後のコミケで、初めて黄色の頒布一時停止カードをいただいてしまった
ですが、設営&登録審査が時間的に早い段階だった為、運営さん側にも余裕があったようで、
余裕のある入場&設営っていいな、と思った。
ちなみに、修正基準に関して若干危ういところがあって審査→許可、という流れでした。
後学!
本当に冷や汗をかいた。引きつり笑いをしていた。
・今回は久々の壁だったが、スペースの広さ・荷物を置ける余裕に感動した。ポスターもでかい!あと、養生テープで壁にポスターを貼ると剥がす際に塗装にダメージがある可能性があるので、もっと安全なテープがある筈…
・今回驚いたのは、「結構持ってきちゃったかも」という既刊が、午後にじわじわ売れて、完売してしまったことだ。既刊が沢山あるというのは頒布する側としては展開が面倒、一般参加者側としても「沢山あるのは嬉しい」という気持ちと「沢山あると煩わしい」という気持ちがあって、難しい問題なのだが、
「既刊全部下さい」と仰ってくださる方がいらして、感動した。
また、準新刊「後輩種付温泉」を、同時に買って下さる方が特に午後から増えて、ありがたかった。序盤は大急ぎで新刊だけ確保→午後に余裕が出たら既刊が売れていく、というムーブを感じた。
・今回は久々に壁ということで、周囲のサークルの頒布速度を見ながら、あれこれ考えることがあった。
兎に角今年は「広報をおろそかにしまくった」年だった。メンタルが内向的になり、商業原稿以外で絵を公開する機会が皆無になってしまったのだ。
このあたり、作家としては「身体を鍛えて顔は不細工」みたいなものなので、両輪で頑張るべきだったと反省した。
来年のテーマは決まりました。ここです。顔も身体も鍛える。

・会いたい方にめちゃ会えたコミケでした。特に「あっ会えないかも今回!」という方にハッと出会える&様々な幸運やご助力によって出会えるということが多くて、感動した!
本年、お世話になりました。良いお年をお迎え下さい!!

エンジェル倶楽部次月号に向けた原稿を入稿した。キャラデザ提出日が9月6日だったので、
この20P原稿に20日程度かけてしまったことになる。
今月はあれこれ用事が多く、作業時間を思うように取れなかったのもあるし、艦これイベントが重なってムニャムニャといったことがあったので深刻視はすべきでないと思うが、
それでも「時間をかけすぎた」…というか「気乗りしなくて作業が進まないことが多かった」という嫌な気分が残っていて、あまりスカッとした入稿明けではない。まあこれも「週末に三連休が重なって、『あんま急いでも仕方がない週末』の時間が複数回あった」という事情から来るものが多いのだけれど。
……
ついでに、備忘がてらちょっと思い出したことを描きます。
先刻「失楽天」に掲載させて頂きました「もてなしの湯」。
この作品は、描きながら悩み、描き終えた後も悩むというかなり苦い状態の中に晒され続けた作品だった。
komifloはこちら→https://komiflo.com/comics/4179
tirasi1
温泉街にて、困った女性と知り合う話というのを描きたかったのだが、
この女性(ヒロインの麦さんね)は、外見からして「温泉っぽい女性」では全く無い
これは意図してそうしたことだ。
「温泉っぽくない女の子が温泉宿の主をしている」という出会いがこうふんすると感じたのだ。
だが、描いていくうちにどんどん不安になってくる。
基本、「外見」と「属性」は連動しているほうが良い(ここの「良い」の意味も問題なのだが)。お嬢様然とした外見の子は、お嬢様であるか、お嬢様でありながらド変態とかと相場が決まっているし、黒髪ショートのボーイッシュ日焼け娘は運動部の後輩か、再会した田舎の幼なじみと相場が決まっている。こういうのは見て一撃で分かる。見て一撃で、舞台・人物の性格・物語・プレイ内容までおおざっぱに掴めるのがいい。
エロ漫画はとりわけ視覚的な訴求の強い分野だ。目に飛び込んでくるわかりやすく魅惑的な1ページ、1コマがあるだけで「おっ」と物語世界に引きずり込めるし、これが無いなら下手すれば雑誌の中で目にも留めてもらえないかもしれない。
…そんな中で、「もてなしの湯」のヒロイン、属性と外見が連動していないヒロインは失策のように思われた。
描きながら不安が膨れ上がり、企画当初の意志や意図はグワングワンに揺れて、描きながら「自分はダメ人間かも」とすら思った。
……
こうして発表された本作だが、結果としては(アンケートの集計はまだだから、よかったら送ってね!このページの画面下部にアンケへのリンクがあるんよ→https://www.wani.com/product/13878_s/)とりあえず、komifloではこれまでにない沢山の反応とご感想を頂けた。
読んで頂けたこと、そして読んで頂いた方からご反応を頂戴できたということに、安心した。
だから、当初の私の意志や意図はとりあえずそう間違ってはいなかった、と、一旦自分の気を宥めることができている。
……
本作を、外見と属性が違うヒロインにしたのは、「読んでいる人が自分で見つける宝物のようなヒロイン」のようにしたかったからだ。
先の表現を使うなら「見て一撃では分からないものを、自分で読んで見つける体験」をして欲しいなあ、と思ったからだ。
この体験、価値のあるもののはずだと私は考えているので、こういう作品を描いたし、多分これからもこういう姿勢でちょくちょく描く。
だが、こういう作品作りは、悲しいかなSNS宣伝の時代と全くソリが合わない。「フックになる画面を、みんなのために公開する」みたいなやり方に向かない。下手すれば作品魅力を毀損するかもしれない。
そんな訳で、「読んでくださった方がちゃんといる」と確認できたことが本当に嬉しかった。
これからも頑張ります。


……
「外見と属性の連動による分かり易さ」「一撃で見てわかる」系の訴求力というもの、「良い」もののように見えながら実は結構弱点があることなのかもな、と、ネバネバ考えている。

単行本発売からエンクラの商業原稿、夏コミ原稿、失楽天の原稿、と作業が続き、
8月の終わりに失楽天原稿の作業が終わり、小休止の時間を得ることが出来た。
作業に追われ長考する時間がないので中長期目標が中々立たない、練習インプット(つまり写真や好きな絵、真似したい漫画のネームとか擬音とかを模写模写することね)をする余裕が無い、どっか旅行とかも行きたい、ということで、
9月からの作業方針は「作業を詰めこまない」というものになった。
作業進捗を僕はカツカツに詰めることが好きなのだが(例えば20P原稿だとプロット1日、ネーム下書き4日、ペン入れ3~4日、トーン3~4日、仕上げ2日、みたいにね)、普段どおりに詰め込んでしまうとインプットの余暇がないので、締切を若干遅らせつつ進行させることとした。
「今日はここまで作業をしよう」というラインを少しずつ少しずつ後回しにしていく。
締切に追われていない、余暇の時間が明確に出来る。

じゃあ、その間何をやったのか。

気づけば、めちゃくちゃ大量の時間を、普段やってるソーシャルゲームに費やしていたのだ。

いつもだったら一部デイリーミッションを終わらせてやめておくものを、気づけばウィークリー任務を全部こなしている。マンスリーやクオータリーミッションも、「残しておくのが何か気持ち悪いから」くらいの気分でこまごま調べて攻略し、一つ一つプチプチ穴を埋めていく作業に没頭している。知的な興奮や刺激は最早なく、しかし、ただただ作業をこなすことに特殊な快感が生じている。
気づけば、普段作業に当てている夜の時間は、ゲームに消費され尽くしている。
ゲームはいい。
遊べば遊ぶだけ経験値がたまり、レベルが上がり、キャラは強くなる。遊べば遊ぶだけ任務の空白が埋まり、ゲーム内アイテムなり素材なりが増える。明確に蓄積がある。「何かの為にはなっている」という感覚が、数値で保障される。
ここで使われている人間スキルの内実は、「勤勉さ」だ。
何かを勤勉にこなすというのは快感だ。三日坊主というコトワザが逆説的に示すとおり、自覚的勤勉さというのはある種の快感になって、一定期間維持できれば勝手に膨れ上がりながら軌道に乗っていく。
この勤勉さのお陰で、僕はコンスタントに漫画を描いてこれたとも言える。(結構僕はいいペースで作品を発表しているんよ。)
この勤勉さが、ソシャゲに絡め取られて吸われてゆく。
というか、ソシャゲというもの自体が(主語がでかい)、我ら日本人(目的語もでかい)の勤勉さという快感経路をツンツン刺激してチューチュー吸い取るように狙いを定めて作られている。
クラクラする話だ。

ハンターハンターの念能力に、一番最初の「纏」ってのがあるだろう。ほっておけば普段身体からタラタラ流れ出ていく念を、自覚的に纏いとどめることで、人は念をパワーとして保持することが出来て、やがて超人的な個性を持つに至る、とかいった、あれだ。
これ、そのまんまここに当てはまる話だ。
勤勉という精神回路、恐らく多くの人が普通に持っているこの回路を、きっちり自覚的に使って、楽しいことや面白いこと、やりたいことにつなげて行きたいものだと思う。
==
以下はちょっと違うお話。
前に同人のスケベRPG(めっちゃ良く出来てる)を遊んでいて気づいたのだが、
序盤はわりとすぐピンチになるので緊張感をもってゲームプレイしていても、
中盤以降になると自分はアホ強くなり、厄介だったはずの敵モンスターは薪割りの如くにスパスパ死に、ゲームは言わば連打ゲーというか作業ゲーになってくる。
この作業ゲーの状態、「結末見たさにゴリ押しして苦労なく進行できる状態」というのが、実は結構気持ちいいのだ。というか、ある程度強くなると「ギリ負けそうな状態」「作業にならない、つっかかる状態」がストレスでたまらなくなる。いちいち武器変更するとかキャラやスキル選ぶとかスーパーめんどくさい。考えたくない。ボタン連打で倒させろ。となる。
中盤以降はゲームは作業になったほうがいい、という性格が、一部のゲームの形態には確実にある気がする。
こういう時、自分の中でどんな快感経路が形成されているのか、ちょくちょくチェックするのは面白いことかもしれないね。

ここ一ヶ月、テーマについて考えていた。
テーマ。
エンジェル倶楽部さんでの三冊目に向けてのテーマで、これが決まると単行本の背筋がきっちり通るし、その間、失楽天さんでの作品作りにも焦点が定まるので創作ペースを維持し易くなる。
だがこのテーマというのを決めるのが難しい。

単行本は8~10作が収録されるとして、
「一冊の内の三分の二まで一貫性があればその本には性格が備わる」と古事記にあるので、2~3作は猶予があるっちゃあるのだが、
性分として、それなりの見通しが無い状態で動くのは怖いので、やはり方針は急いで決めたほうがいい。

テーマの縛りが強すぎたりアクが強いと良くない。
かといって希薄であると意味がない。
自分の表現したいことに自然と接続できて、しかし自由度は高めで、一つのテーマの中でなお色々なことに挑戦できるテーマがいい。
ちょっと背伸びしたテーマだと毎回のモチベが維持し易いのでいよいよ良い。

ハンターの念能力選びのように慎重な作業でしたが、
今大分定まってきて、必勝の確信が出てきたので、悩む時間は終わりそうです。


【テーマのいいとこ】
1・レパートリー思考法が使えるのでアイデアを出し易い
2・出だしで悩まずに済む
3・長期掲載や二誌同時掲載とかにチョー便利
【テーマの悪いとこ】
1・思考が硬直化しやすい
2・考える時間が一年単位で免除されるので一年後にいざ頭をひねらねばならない時に苦労する
3・テーマAでは自動的にクリアできていたことがテーマBでは満たせていない、というような問題が生じ易いので、けっこうセルフチェックが必要。

↑このページのトップヘ